日本国内唯一のラベル関連専門紙

デジタルラベル印刷機

ザイコンジャパン、再整備品の新モデルをリリース デジタル印刷の裾野拡大へ 「Xeikon3030 REX」

ザイコンジャパン(株)(東京都文京区湯島、星名勧社長、TEL03-5807-0210)はこのほど、デジタルラベル印刷機「Xeikon」シリーズの新製品を発表。電子写真方式のエントリーモデル「同3030」と同等の機能を有しながら、本体価格を抑えた再整備品「Xeikon3030 REX」を上市した。

キヤノン、ラベル市場へ参入 Xaarヘッド搭載した高精細・高速稼働モデル 連結子会社オセからリリース

キヤノンの連結子会社であるオセ(オランダ)はこのほど、UVインクジェット(IJ)方式のデジタルラベル印刷機「Océ LabelStream 4000」シリーズを欧州のショールームで発表。同機によって、キヤノンはラベル市場への参入を果たした。

コニカミノルタ、デジタルラベル印刷機をリブランディング 「Accurio」へ統合

コニカミノルタジャパン(株)(東京都港区芝浦、原口淳社長、TEL03-6311-9051)はこのほど、電子写真方式のデジタルラベル印刷機「bizhub PRESS C71cf」の名称を「Accurio Label 190」にあらため、新

ベルギーで「ザイコンカフェ」開催 「IJ」方式の開発を発表 XEIKON PX3000

ザイコン(フリントグループ・デジタルソリューションディビジョン、本社オランダ)は3月28日から4日間、ベルギーの製造兼開発センターで「ザイコンカフェ」を開催。

MTJN、ラベル用IJ機を販売開始 高速・高品位と低価格訴求

(株)メディアテクノロジー ジャパン(MTJN・馬場恒夫社長、TEL03-5621-8266)は12月10日、11日の2日間、東京都江東区越中島の本社で、このほど取り扱いを開始したデジタルラベル印刷機「TrojanTwo」の発表会を開催した。

市場

8%、10%と2度にわたる消費税率引き上げで、事業者の負担を考慮して設けられていた特例期間が2021年3月31日㈬を持って終了する。翌4月1日㈭からは消費税の「総額表示方式」施行により、商品の総額表示が義務化される。同制度は、消費者に対して商品やサービスを提供する課税事業者が行う価格表示を対象とするもの。

紙面から

㈱ミヤコシ(千葉県習志野市津田沼、宮腰亨社長、☎047-493-3854)は、ラベル向けオフセット間欠機「MLP」シリーズとして“ウルトラコンパクト”と称するエントリーモデルの「MLP10i」と、ミドルレンジモデルの「同13M」を開発。既存機のハイエンドモデル「同13C」と併せて、ラベルの高品位印刷に取り組む印刷会社へPRを展開し、販売に力を注ぐ。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105