日本国内唯一のラベル関連専門紙

サーマル

ローム、デートコード用サーマルヘッド開発 高速・高品質でラベル・パッケージ分野狙う

ロームはこのほど、高品位・高速印字を支援するサーマルプリントヘッド「TH300xシリーズ」の新製品「TH3001-2P1W00A」を発表。デートコード用で小型・豊富な基材対応力といった特長を備え、ラベル・パッケージ分野で採用を見込む。

寺岡精工、赤黒同時発色プリンタ ライナーレスサーマルラベル対応

(株)寺岡精工(東京都大田区、片山隆社長、TEL03-6894-2020)は7月上旬、2色を同時に印字するライナーレスサーマルラベルプリンタ「acamo(アカモ)GP-1500」を発売する。

友功社、ワンパス製造に2技術 サーマルパターン塗工とテクスチャー印刷

 (株)友功社(東京都練馬区谷原、大野正明会長、TEL03-3996-5333)はこのほど、独自システムのワンパス製造によるラベル製造2技術を完成させ、製品の販売を開始した。

長瀬産業、UV感熱インキ実用化へ ラベル印刷機でサーマル紙製造

長瀬産業(株)(東京都中央区日本橋小舟町、朝倉研二社長)はこのほど、熱によって発色するUVタイプの感熱インキ「サーマフレックス-UV」のマーケティングを開始。新製品は、パートナー企業のインキメーカーと共同開発したもの。

紙面から

トッパンフォームズはこのほど、個品管理に加えて貼付対象の温度測定が同時に行えるUHF帯「温度測定機能付きICラベル」を開発した。リーダー・ライターの発する電波を電源にICラベルを作動させるバッテリーレスモデル。電池を実装して測温し続ける従来の中・大型の温度ロガーに対して、ICラベル1枚でより簡便に温度情報を取得できる。

展示会

ラベルエキスポグローバルシリーズ(ターサスグループ、英国、ロンドン本社)はこのほど、2021年3月に開催を予定していた「ラベルエキスポアメリカ2021」と併催する「ブランドプリントアメリカ」を、3カ月延期すると発表。新しい日程は6月8日(火)から3日間とし、会場は同じくイリノイ州ローズモントのドナルドEステファンズコンベンションセンターで開催することとした。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105