日本国内唯一のラベル関連専門紙

ローランドDG

ローランドDG、「事業再構築補助金」ほかセミナー開催

ローランド ディー.ジー.は4月8日㈭と9日㈮、オンライン上で「事業再構築補助金セミナー」と「ビジネスマッチングWebinar」を開催し、補助金に関する情報を発信する。

ローランドDG、IJP新製品2種リリース パッケージ用オプションも

ローランド ディー.ジー.は、インクジェットプリンタ(IJP)「VersaUV LEC2」シリーズの新製品「VersaUV LEC2-640」「同330」の2機種を世界同時発表した。

ローランドDG、レーザー箔転写機発表 「皮革対応」「転写範囲拡大」も

ローランド ディー.ジー.の子会社DGSHAPE株式会社(浜松市北区新都田、尾藤寿社長、TEL053−482−7069)はこのほど、レーザー箔転写機の新製品「LD-300」を発売。転写可能エリアを拡大したほか、皮革への加工も実現するなど、従来機「同80」から機能をアップグレードしている。

ローランドDG、最新モデルを発売 表現力など向上へ

ローランド ディー.ジー.はこのほど、LED-UV方式のインクジェットプリンタの新機種「Versa UV LEC2-300」を発売。従来機から印刷品質や表現力を向上させた一方、価格を抑えたモデルとなっている。

ローランドDG、カット付き新IJP 2機種を7月発売

ローランド ディー.ジー.はこのほど、低溶剤タイプのインクジェットプリンタに新ブランド「TrueVIS(トゥルービズ)」を創設し、カット機能付きの2機種を発表した。いずれも7月の発売を予定している。

ローランドDG、東京でセミナー開催 オリジナルグッズ制作に焦点

ローランド ディー.ジー.は8月5日と6日の2日間、港区浜松町の同社東京クリエイティブセンターでセミナーと体験会を開催。同社プリンタのユーザー企業などから約60人が参加した。

市場

8%、10%と2度にわたる消費税率引き上げで、事業者の負担を考慮して設けられていた特例期間が2021年3月31日㈬を持って終了する。翌4月1日㈭からは消費税の「総額表示方式」施行により、商品の総額表示が義務化される。同制度は、消費者に対して商品やサービスを提供する課税事業者が行う価格表示を対象とするもの。

紙面から

㈱ミヤコシ(千葉県習志野市津田沼、宮腰亨社長、☎047-493-3854)は、ラベル向けオフセット間欠機「MLP」シリーズとして“ウルトラコンパクト”と称するエントリーモデルの「MLP10i」と、ミドルレンジモデルの「同13M」を開発。既存機のハイエンドモデル「同13C」と併せて、ラベルの高品位印刷に取り組む印刷会社へPRを展開し、販売に力を注ぐ。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105