日本国内唯一のラベル関連専門紙

高桑美術印刷

経産省、日本酒輸出をアプリで支援 多言語情報提供の実証実験 高桑美術印刷が参加

経済産業省はこのほど、日本酒ラベルを読み取って関連情報を多言語提供する携帯端末向けアプリを開発し、実証実験を行うと発表した。海外需要拡大を図る「クールジャパン」政策の一環で、広告代理店のアサツー ディ・ケイ(ADK、東京都港区虎ノ門)が事業を受託。

紙面から

リコーはこのほど、192本のレーザー光源を高速かつ独立で変調駆動させる「高出力レーザーマーカー」と、同レーザー光の波長に反応して発色する層をコーティングしたサーマルメディアの技術を開発した。ラベルやパッケージへ異なる表示を毎分300メートルで印字することが可能。同社では、大量生産ラインでも搬送スピードに追従して可変情報印字を実現する新技術として、年度内での製品化を目指している。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105