日本国内唯一のラベル関連専門紙

国税庁

国税庁、ラベル表示ルール見直しでブランド強化 「日本酒」「日本ワイン」定義明確に

 国税庁はこのほど、日本産酒類の振興等に対する取り組みとして、清酒や国産ワインに関連する表示ルールの整備を推進する方針を固めた。年内にも地理的表示制度の見直しを検討。特に、国産の米が原料で、国内で製造した清酒のみを「日本酒(JAPANESE SAKE)」と定義し、条件を満たした商品のみ、ラベルへの表示が可能となる。

団体

段階的な適用が進む改正食品衛生法の一部が6月1日、施行された。同法における改正内容は7項目で、今年は4項目を実施。すべての食品等事業者を対象とした「国際衛生基準のHACCAPに沿った衛生管理」の制度化が、1年間の移行猶予期間を以て施行された。

展示会

Event Image
新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月25日に解除され、中止もしくは延期となっていた展示会の日程が明らかになりつつある。なお、2020年下期から2021年上期にかけて、ラベル関連の主な展示会やセミナーは以下の通り。
※2020年9月14日現在、最新の情報はイベントサイトなどで直接確認下さい

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105