日本国内唯一のラベル関連専門紙

抜き加工

内田マシナリー商会、刃型圧力調整装置PR 短時間で高精度の抜き加工に

㈲内田マシナリー商会(千葉県八千代市高津、内田裕三社長、TEL047-459-4570)は現在、刃型の圧力調整を数値化することにより、短時間で精度の高い抜き加工を可能にする独wink製ダイカット刃圧力調整装置「フォース・コントロール」を国内のラベル市場に向けて販売展開している。

丸伸製作所、最小R0.05の抜き加工に対応 「微細刃」を発表

(株)丸伸製作所(京都市山科区西野山射庭ノ上町、森幸夫社長、TEL075-582-0130)はこのほど、極度の細かな抜き加工に対応する彫刻刃「微細刃」を発表した。既存の刃型では、抜き加工が難しいとされていた最小R(半径)0.05まで対応できるのが最大の特徴。

ヴィープス、「抜き加工」に焦点 メーカーら3社が講演

任意団体ヴィープス(宍戸伊助チェアマン)は4月14日、東京都中央区銀座の中小企業会館で勉強会を開催。「抜き加工」に関する内容とし、装置メーカーら3社による講演が行われて25人が参加した。

紙面から

リコーはこのほど、192本のレーザー光源を高速かつ独立で変調駆動させる「高出力レーザーマーカー」と、同レーザー光の波長に反応して発色する層をコーティングしたサーマルメディアの技術を開発した。ラベルやパッケージへ異なる表示を毎分300メートルで印字することが可能。同社では、大量生産ラインでも搬送スピードに追従して可変情報印字を実現する新技術として、年度内での製品化を目指している。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105