日本国内唯一のラベル関連専門紙

新型コロナ

王子HDと大王製紙が発表 新型コロナ感染拡大を背景に 不織布マスク生産

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って国内のマスクおよび医療用ガウン不足が問題となっている。このような現状を鑑み、製紙各社がマスク生産の開始を発表した。

消費者庁、食品表示基準の弾力的運用を通知 新型コロナ影響で原材料不足考慮

消費者庁は4月10日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、食品表示法に基づく食品表示基準の弾力的運用を通知。容器包装に表示されている原材料等の原料原産地や栄養成分について、実際に使用されている表示と異なっていたとしても、適正な情報が他の方法で伝達されている場合、該当食品の販売を認めるといった緩和措置を行う。

東グラ×正札青年部 STAY HOME、印刷で訴え ポスターとステッカー無償配布

(公社)東京グラフィックサービス工業会 FACE(以下 FACE・稲満信祐会長)と東京都正札シール印刷協同組合青年部(齋藤和則部長)はこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大の防止に向けた共同事業を発表。「STAY HOME支援プロジェクト」と銘打ち、同一デザイナーによるポスター450枚とステッカー3000枚を無償配布することを明らかにした。

経産省、新型コロナウイルス感染症、影響を受ける事業者への支援策

経済産業省はこのほど、新型コロナウイルス感染症による企業への影響を緩和・支援するための施策を発表。同省の専用ページにて、支援策を整理するほか、支援策パンフレットで解説している。
 

経済産業省、新型コロナ影響の中小支援措置発動

経済産業省は2月28日、新型コロナウイルス感染症によって経営に影響を受けている中小企業ならびに小規模事業者を対象とした資金繰りの支援措置として「セーフティネット保証4号」の発動を決定した。

団体

消費者庁は4月10日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、食品表示法に基づく食品表示基準の弾力的運用を通知。容器包装に表示されている原材料等の原料原産地や栄養成分について、実際に使用されている表示と異なっていたとしても、適正な情報が他の方法で伝達されている場合、該当食品の販売を認めるといった緩和措置を行う。

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105