日本国内唯一のラベル関連専門紙

リコー

リコー、薬剤不使用で抗菌・抗ウイルス 印刷技術に新たな付加価値

リコーは、自技術を駆使した「抗菌/抗ウイルス構造膜の印刷」を発表。薬剤を使わないで菌やウイルスを死滅させる技術として注目されている。

リコー 21年春からラベルなどで順次販売へ 〝フェノールフリー〟感熱紙を開発

リコーはこのほど、可変情報ラベルの基材にも使用されている感熱紙(サーマル紙)に関して、フェノール系化合物を含まない顕色剤を使用した製品を開発。今後、同社が製造するすべての感熱紙を順次〝フェノールフリー〟製品へ転換する。また国内市場では、2021年春からの販売開始を目指す。

リコー、高出力レーザーマーカー開発 毎分300メートルで専用メディアへ印字

リコーはこのほど、192本のレーザー光源を高速かつ独立で変調駆動させる「高出力レーザーマーカー」と、同レーザー光の波長に反応して発色する層をコーティングしたサーマルメディアの技術を開発した。ラベルやパッケージへ異なる表示を毎分300メートルで印字することが可能。同社では、大量生産ラインでも搬送スピードに追従して可変情報印字を実現する新技術として、年度内での製品化を目指している。

リコー、合成紙粘着シート対応 プロダクションプリンタで最適な印刷設定

リコーはこのほど、同社製プロダクションプリンタで合成紙の粘着シートへの印刷に対応したと発表。対象となる機種は「RICOH Pro C5200S」「同C7200S」「同C9200」の3機種となっている。

リコー、デジタル印刷用IJヘッド新開発 印刷速度向上を実現

リコーはこのほど、デジタル印刷用途の産業用インクジェット(IJ)ヘッド「RICOH MH5320/5340」ならびに「同5320 TypeA」を開発。4月1日(月)から、世界市場で受注を開始する。

ページ

団体

全日本印刷工業組合連合会(滝澤光正会長)は、「第14回メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)コンペティション」の受賞企業を発表。最高位となる経済産業大臣賞に、一般の部から松本印刷㈱(静岡県榛原郡吉田町、松本憲治社長)の「災害時情報共有ツール」が、また学生の部から土川彩音さん(専門学校浜松デザインカレッジ)の「I.SCALE〜災害の見える化計〜」がそれぞれ選出された。

紙面から

▼とあるコンビニの限定商品に心が奪われた。思わず手に取ったのは、劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」とのタイアップ商品「セーラー戦士プリン」だ。容器に貼付された封かん機能も併せ持つ天面ラベルは複層式。1枚剥がすとキャラクターのコスチュームがモチーフの丸型シールになる。加えて、封かんを解くためにはミシン目加工から切り離す仕組みが施される


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105