日本国内唯一のラベル関連専門紙

本紙調査

本紙調査 15年度通期 粘着紙需要量推移 前年度比1.5%増の回復基調に 下期好調で 1億1,681万平方メートル/月

2015年度の「印刷用粘着紙国内需要量」は、前年度比1.5%増の1億1681万平方メートル/月だったことが、本紙の調査で明らかとなった。上期は、民間企業の設備投資が減退し、工業分野のラベル需要が下振れするなど厳しい局面もみられたが、食品ラベルが底支えしたこともあり、微増で推移した。

紙面から

リコーはこのほど、192本のレーザー光源を高速かつ独立で変調駆動させる「高出力レーザーマーカー」と、同レーザー光の波長に反応して発色する層をコーティングしたサーマルメディアの技術を開発した。ラベルやパッケージへ異なる表示を毎分300メートルで印字することが可能。同社では、大量生産ラインでも搬送スピードに追従して可変情報印字を実現する新技術として、年度内での製品化を目指している。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105