日本国内唯一のラベル関連専門紙

アイグラフィックス、UV装置の新ブランド確立 「e-cure」 ラベル向け展開

アイグラフィックス(株)(東京都墨田区錦糸、井上雅伸社長、TEL03-3625-6441)はこのほど、UV装置の新ブランド「e-cure」を立ち上げた。今後、ラベル印刷向けとして高効率なUVインキ硬化を実現する「B series」ならびに空冷式のLED-UVシステムを訴求する。
UVインキの普及率が高いラベル市場では近年、生産性を維持しつつも、環境負荷の軽減に配慮した省エネタイプのUV硬化システムに対するニーズが高まりを見せている。このような要望に応えるため、同社では新ブランドを確立。「高品質・高効率・省エネ」を実現する新製品を開発するに至った。
ラベル印刷向けのB seriesは、空冷のための風量をアップしたほか、熱線カットフィルターの採用により、印刷時に粘着紙が受ける熱を抑制した。また、大幅な省エネを実現しており、同社では「消費電力に関して、従来の約64%削減に成功した」と説明する。その他、印刷機にユニット搭載した際のメンテナンス性に関しても、内部ユニット引き出し構造を採用するなど、工夫を凝らしている。
 
(2015年10月15日号掲載)

団体

消費者庁は4月10日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、食品表示法に基づく食品表示基準の弾力的運用を通知。容器包装に表示されている原材料等の原料原産地や栄養成分について、実際に使用されている表示と異なっていたとしても、適正な情報が他の方法で伝達されている場合、該当食品の販売を認めるといった緩和措置を行う。

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105