日本国内唯一のラベル関連専門紙

友功社、ワンパス製造に2技術 サーマルパターン塗工とテクスチャー印刷

 (株)友功社(東京都練馬区谷原、大野正明会長、TEL03-3996-5333)はこのほど、独自システムのワンパス製造によるラベル製造2技術を完成させ、製品の販売を開始した。今回完成したのは、粘着塗工、印刷、サーマルパターン塗工を一貫生産する技術=写真上=と、フレキソでスクリーン印刷並みの凹凸を表現する技術=写真下。世界でも類をみない工程により製造される製品は、食品分野などで需要が増す可変情報ラベルや、従来にない機能性・加飾性を実現するラベル製品として、ブランドオーナーからの期待を集めている。

 同社では2009年から「従来の無駄を省く革新的な製造工程確立」を目的に、フレキソ機をベースにした独自システムで、ラベル表面基材へのエマルジョン型粘着剤およびシリコーン塗工(剥離紙貼り合わせまたはライナーレス化)、印刷、各種後加工のワンパス製造技術を確立。ブランドオーナーから寄せられている“環境問題に貢献し生産性向上を可能にするラベルのニーズとも合致し、同システムによるライナーレスラベルなどは、すでに食品分野向けの商品・表示ラベルで大量採用されている。 昨年末までに開発済みで、各種テストを経てこのほど完成となったサーマルパターン塗工ラベルは、一般的なダイレクトサーマルプリンタでの印字・耐擦性テストもクリアしており、すぐに出荷できる状況。2色サーマル印字のほか、ベタ文字から高精細文字までに対応し、バーコードやQRコード印字も可能となっている。ブランドオーナーや小売りなどの現場では、環境やコスト面等の観点で、熱転写方式からの転換が見込まれている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 一方、フレキソ印刷でスクリーン印刷並みのテクスチャーを表現できる技術は、特殊なアプリケーターを必要とせず、印刷版を使用して製造するもの。毎分50〜60メートルの通常印刷時のスピードを落とすことなく、ワンパス製造を行い、部分的な加飾も可能。ラベル・パッケージに新たな機能性や加飾性を付加できる技術として、各需要分野での採用が見込まれている。
 なお、同社では、すでに各分野のブランドオーナーと商談を開始。各社各様の課題を解決するラベルとして評価を得ており、今後、積極展開していく予定にしている。 (2015年10月15日号掲載)

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105