日本国内唯一のラベル関連専門紙

CCL、エイブリィから事業買収、OAラベルと設計開発の部門で

カナダ・CCLインダストリーズは1月30日、米エイブリィデニソンのオフィス&コンシューマープロダクツ部門とデザインド&エンジニアードソリューションズ部門を5億ドル(約456億円)で買収する契約の締結を発表した。
統合する2つのビジネス規模は、2012年の実績に基づくと、約9.1億ドル(約829億円)、EBITDAは1.1億ドル(約100億円)と見込まれる。なお、今回の買収には関係機関の承認が必要となるが、両社は今年半ばまでの作業完了を見込んでいる。
 CCLインダストリーズのジェフリー・マーチンCEOは、今回の買収について次のようにコメントしている。
 「世界市場で展開してきた事務用品およびプリンタ向けOAラベル販売事業に関するフランチャイズ構築の一環として、エイブリィブランドの2部門を手に入れたが、同時に北米市場で白物用・IT用ラベルのビジネスチャンス獲得にもつながる。今回の買収はCCL史上最大であり、統合後の年間売上高として22億ドル(約2,000億円)を見込んでいる。買収によって当社は今後、さまざまな変化を遂げるだろう」
「当社は買収するビジネスを深く理解しており、製品と従業員に敬意を払っている。また株主には過去10年間で手がけてきた買収と同様、今回のケースについても14年以降に、その意味を理解していただけるだろうと確信している」
CCLインダストリーズは、消費財と医薬品のパッケージにおけるグローバルリーダー。世界75カ所の製造拠点と、社員数6,600人の規模で展開。同社は、大手グローバルサプライヤーと連携し、各種消費財に採用されるラベルをはじめ、コンテナやチューブなどのパッケージ事業を推進する。
グループ会社のCCLレーベルは、世界最大手の粘着・非粘着ラベル印刷会社で、食品や飲料をはじめ、トイレタリー、医薬品、自動車、ハードウエアなどの各分野において、ブランドオーナーや製造業者にラベル製品を供給する。
また、アルミ缶やボトル事業はCCLコンテナーが、エクストルージョンチューブ事業はCCLチューブが、それぞれ北米市場を中心に展開している。
 なお、エイブリィデニソンは昨秋、3Mと進めていた同事業の譲渡が白紙となった経緯がある。
 
 

市場

CCLジャパン(株)はこのほど、2020年1月1日からチェックポイントシステムジャパン(株)と組織および社名変更すると発表した。
 
これまでCCLグループ(本社・カナダ)のチェックポイント事業は、チェックポイントジャパン(株)が日本法人として展開してきた。

紙面から

UPMラフラタック(フィンランド)はこのほど、木質系PPフィルム「フォレストフィルム」をベースとした環境対応型フィルム系粘着紙のラインアップに白色タイプ「フォレスト PP ホワイト」を追加。日本市場に対しては現在、UPMキュンメネジャパン株式会社(東京都千代田区永田町、富永達之助社長、TEL03−6205−8130)を通じて販売を開始している。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105