日本国内唯一のラベル関連専門紙

東芝テック、ライナーレス計量プリンタ発売 従来ラベル出力にも対応

東芝テックはこのほど、ライナーレスラベルに対応した計量ラベルプリンタ「H-6000-LC」シリーズを発売した。
同社ではこれまで、あらかじめミシン目加工を施したライナーレス対応のラベルプリンタを発売していたが、新製品では、ラベル長を変更する「フリーレングス機能」と「オート・カット機能」を搭載した。
H-6000-LCは、ライナーレスラベルのみを出力するシングルプリンタタイプの「S-R」と、1台でライナーレスラベルと従来の剥離紙付きラベルの双方を出力するツインプリンタタイプの「T-R」をラインアップ。
なお、新機種には、ユニバーサルデザインに基づくフォント(UDフォント)を採用。ラベルに印字される文字や数字などが判別しやすくなっている。使用ラベルのサイズは幅40ミリと60ミリ、長さ32〜150ミリ、印字スピードは最大毎秒150ミリ。
同社では、食品スーパーや量販店向けに販売展開。年間600台の販売を目標にしている。新製品の問い合わせは、量販ソリューション商品部(TEL03-6830-9294)まで。
 
(2015年9月15日号掲載)

紙面から

リコーはこのほど、192本のレーザー光源を高速かつ独立で変調駆動させる「高出力レーザーマーカー」と、同レーザー光の波長に反応して発色する層をコーティングしたサーマルメディアの技術を開発した。ラベルやパッケージへ異なる表示を毎分300メートルで印字することが可能。同社では、大量生産ラインでも搬送スピードに追従して可変情報印字を実現する新技術として、年度内での製品化を目指している。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105