日本国内唯一のラベル関連専門紙

「ラベルエキスポヨーロッパ2015」視察ツアー、過去最高の60人超える参加で実施へ

 「ラベルエキスポヨーロッパ2015視察ツアー」は、申込み多数につき満席となりました。過去最大64名での実施を予定しています。
 ラベル新聞社は、9月27日㈰~10月4日㈰の6泊8日の日程で、「第13回ラベルエキスポヨーロッパ2015視察ツアー」を実施する。当社企画の海外ツアーはdrupa視察なども含めると今回で16回目となり、これまで568人の業界人を海外市場へと送り出してきた。今ツアーの特長の一つは、展示会前後日程の2カ国で、企業・市場視察を行う点。ツアー2日目の9月28日㈪にベルギー・アントワープ近郊を、6日目の10月2日㈮にはオランダ・アムステルダム近郊の企業および両市内の小売りなどを訪問する。企業視察先の1社は、アムステルダムから東約30㌔のアルメレに本社を構える大手ラベルコンバーター「Telrol(テルロール)」。欧州を代表するコンバーターで、フレキソ、デジタル、粘着塗工など最新鋭の機材を多数設備し、物流、食品、OAなど幅広い分野にラベルを供給。各種粘着塗工技術により、ライナーレスや多層、封かん・帯ラベルなど開発品も多く、見どころ満載の企業となっている。  そのほかの特徴として、夕食を兼ねた懇親会を2回に増やし、参加企業のより強固な企業間ネットワーク構築の場を提供。また、滞在エリアをコンパクトに絞り、ラベルエキスポは2日半の視察時間を確保した。市場展望を占う参考出品や最新鋭機材が豊富に展示される同展の視察は、同時通訳による場内ツアーで効率的に回ることが可能となっている。さらに、航空機も移動距離の短い北回りルートで運行するフィンランド航空利用により、最短時間で欧州へ到着。ベルギーの滞在ホテルも、利便性の高い地域に立地するグローバルホテルチェーン、ヒルトンホテルを用意するなど、約1週間の長期海外出張が、より充実したものになるよう企画した。  当ツアーの旅行代金は41万8000円(各諸税等別、エコノミークラス・2名1室利用時)で申込締め切りは7月24日㈮、募集人員は50人。(満席になり次第、締め切る)  問い合わせは、ラベル新聞社(☎︎03・3866 ・6577)まで。
 
 企業訪問では、視察前後に経営陣を囲み、質疑応答が活発に交わされる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■代金:418,000 円(エコノミークラス利用・お1 人様/ツインを2 名様で利用時)
 *代金には燃油サーチャージ、成田空港施設利用料、海外空港諸税は含まれません
■利用予定航空会社:フィンランド航空(AY)
■訪問都市:アントワープ、ブリュッセル、アムステルダム
■食事:朝食6 回、昼食0 回、夕食2 回(機内食は除く)
■募集人員:50 名(最少催行人員30 名)
■添乗員:成田空港より添乗員が1名同行します
 *詳しい旅行条件を記載した書面をお渡しいたしますので、事前にご確認の上お申し込みください
 *上記日程は変更になる可能性があります

 

 
 

紙面から

(株)NAロット(東京都台東区浅草、渡邉好造社長、TEL03-5849-4137)はこのほど、樹脂によって吸着する基材「タックライト」シリーズの新製品「エヴァタック オフセット」を上市。これまでインクジェットや電子写真方式に対応するラインアップを展開しており、UVオフセットに印刷適性を示す新製品でさらなる活用シーンの拡大を目指す。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105