日本国内唯一のラベル関連専門紙

「日本のラベル市場2015」好評販売中!!

ラベル新聞社では2007年から毎年4月1日、ラベル市場を網羅するマーケットブック「日本のラベル市場」を発刊している。今年は、9冊目となる「日本のラベル市場2015」を発刊。
全編、当社取材によるデータを基に、ラベル市場を構成するすべての分野を網羅。特に今年は、「ラベル需要分野の動向」「ラベル印刷会社の動向」「印刷用粘着紙の動向」等、さらに充実したコンテンツの内容となっている。また、第1章では、日本市場のみならず、世界市場についても市場規模やラベル別構成比を掲載。ラベル市場でのビジネス展開に欠かせない必読書となっている。
 
発刊日 2015年4月1日(水)
体裁 A4判 ハードカバー
ページ数 172頁
定価 32,400(税込み)
送料 全国一律360円(一冊当たり)
ISBN 978-4-9903571-8-4
販売形態 直販(申込書ウェブ





第1章 ラベル市場の動向
目次 図表目次
1. 日本のラベル市場    
  1) 概況 図1-1. ラベルの市場規模(14年)
      図1-2. 日本の印刷市場とラベル市場の売上高推移(10~15年予測)
  2) ラベルの種類 表1-1. ラベルの種類と主な採用例
  3) ラベルの種類別構成比 図1-3. ラベル出荷量による種類別構成比(14年)
      図1-4. ラベル出荷金額による種類別構成比(14年)
2. 粘着ラベル    
  1) 概況 図1-5. 粘着ラベルの出荷金額推移(10~15年予測)
      図1-6. 粘着ラベルの出荷量推移(10~15年予測)
  2) 用途別構成比 図1-7. 粘着ラベルの用途別構成比(14年)
  3) 需要分野 図1-8. 粘着ラベルの需要分野別構成比(13年)
3. シュリンクラベル    
  1) 概況 図1-9. シュリンクラベルの出荷金額推移(10~15年予測)
      図1-10. シュリンクラベルの出荷量推移(10~15年予測)
  2) 需要分野 図1-11. シュリンクラベルの需要分野別構成比(14年)
  3) 基材 図1-12. シュリンクラベルの基材別構成比(14年)
      表1-2. シュリンクラベルのフィルムメーカー
4. インモールドラベル    
  1) 概況 図1-13. インモールドラベルの出荷金額推移(10~15年予測)
      図1-14. インモールドラベルの出荷量推移(10~15年予測)
  2) 需要分野 図1-15. インモールドラベルの需要分野別構成比(14年)
  3) 基材 図1-16. インモールドラベルの基材別構成比(14年)
  4) 成形方式 表1-3. インモールドラベル用フィルム基材のメーカー
      図1-17. インモールドラベルの成形方式別構成比(14年)
5. グルーラベル    
  1) 概況 図1-18. グルーラベルの出荷金額推移(10~15年予測)
      図1-19. グルーラベルの出荷量推移(10~15年予測)
  2) 需要分野 図1-20. グルーラベルの需要分野別構成比(14年)
6. 世界のラベル市場    
  1) 概況 図1-21. 世界市場のラベル消費量推移(10~15年予測)
      図1-22. 世界のラベル消費量における地域別構成比(13年)
      図1-23. 世界のラベル種類別構成比(13年)
      図1-24. 世界のGDPと事業者数(13年)
  2) 欧州のラベル市場 図1-25. 欧州のラベル消費量推移(10~15年予測)
      図1-26. 欧州のラベル種類別構成比(13年)
  3) 北米のラベル市場 図1-27. 北米のラベル消費量推移(10~15年予測)
      図1-28. 北米のラベル種類別構成比(13年)
  4) 南米のラベル市場 図1-29. 南米のラベル消費量推移(10~15年予測)
      図1-30. 南米のラベル種類別構成比(13年)
  5) アジア・パシフィックのラベル市場 図1-31. アジア・パシフィックのラベル消費量推移(13年)
      図1-32. アジア・パシフィックのラベル種類別構成比(13年)
  6) 中国のラベル市場 図1-33. 中国のラベル消費量推移(10~15年予測)
      図1-34. 中国のラベル種類別構成比(13年)
7. ラベル市場の展望 図1-35. ラベル市場の成長予測(15年)
第2章 ラベル市場の動向
1. 概況 図2-1. ラベルの需要分野別市場規模(13年)
      図2-2. ラベルの需要分野別成長率(13年・前年比)
2. 食品分野    
  1) 概況 図2-3. 食品分野のラベル需要推移(10~15年予測)
      図2-4. 食品分野のラベル別構成比(14年)
  2) 総菜・生鮮 図2-5. 食品分野のラベル種類別構成比(14年)
  3) 加工食品 図2-6. 加工食品のラベル別構成比(14年)
      図2-7. 加工食品の市場別ラベル構成比
3. 飲料・酒類分野    
  1) 概況 図2-8. 飲料・酒類分野のラベル需要推移(10~15年予測)
      図2-9. 飲料・酒類分野のラベル別構成比(14年)
  2) ソフトドリンク 図2-10. ソフトドリンクのラベル別構成比(14年)
      図2-11. ソフトドリンクの市場別ラベル構成比(14年)
  3) 酒類 図2-12. 酒のラベル別構成比(14年)
4. 物流分野 図2-13. 物流分野のラベル需要推移(10 ~15年予測)
5. 電機・精密機器分野 図2-14. 電機・精密機器分野のラベル需要推移(10~15年予測)
6. 医薬・医療分野    
  1) 概況 図2-15. 医薬・医療分野のラベル需要推移(10~15年予測)
  2) 一般医薬品 図2-16. 一般用医薬品のラベル別構成比(14年)
      図2-17. 一般用医薬品の市場別ラベル構成比(14年)
7. 化粧品分野 図2-18. 化粧品分野のラベル需要推移(10~15年予測)
      図2-19. 化粧品分野のラベル別構成比(14年)
      図2-20. 化粧品分野の市場別ラベル構成比(14年)
8. トイレタリー分野    
  1) 概況 図2-21. トイレタリー分野のラベル需要推移(10~15年予測)
  2) 衣料品関連 図2-22. トイレタリー分野のラベル別構成比(14年)
  3) ホームケア    
  4) パーソナルケア 図2-23. トイレタリー分野の市場別ラベル構成比(14年)
9. 文具・OA分野 図2-24. 文具・OA 分野のラベル需要推移(10~15年予測)
10. 自動車分野 図2-25. 自動車分野のラベル需要推移(10~15年予測)
第3章 ラベル印刷会社の動向
1. 概況    
  1) 年商 図3-1. 年商別構成比(13年)
  2) 従業員数 図3-2. 従業員数別構成比(13年)
  3) 従業員1人当たりの売上高 図3-3. 年商別従業員1人当たりの売上高と従業員数(13年)
  4) 原価構造 図3-4. 売上高に占める原価構成(14年)
  5) 業容 図3-5. 業容別構成比(13年)
  6) 地域分野 図3-6. 本社所在地別構成比(13年)
2. 景況    
  1) 概況 図3-7. 景況動向(13年)
  2) 年商別景況 図3-8. 年商別増減収構成比(13年)
      図3-9. 年商別増減益構成比(13年)
  3) 年商別1人当たりの売上高推移 図3-10. 年商別1人当たりの売上高推移(09~13年)
3. 受注    
  1) 受注先 図3-11. 受注先の構成比(13年)
  2) 納期 図3-12. 納期別構成比(13年)
4. 生産    
  1) 印刷枚数 図3-13. 1ジョブの平均印刷枚数(13年)
  2) 印刷長と紙幅 図3-14. 1ジョブの平均印刷長(13年)
      図3-15. 1ジョブの平均紙幅(13年)
  3) 色数 図3-16. 平均色数(13年)
5. 将来展望    
第4章 主要ラベル印刷会社の概要
第5章 印刷用粘着紙の動向
1. 印刷用粘着紙の国内需要量 図5-1. 印刷用粘着紙の国内需要量推移(月平均・10~15年度予測)
2. 13年度の基材別動向 図5-2. 印刷用粘着紙の基材別構成比(13年度)
  1) 紙系基材    
  2) フィルム系基材 図5-3. 紙系基材の国内粘着紙需要推移(11~14年度見込み)
      図5-4. フィルム系基材の国内粘着紙需要推移(11~14年度見込み)
      表5-1. 基材別国内粘着紙需要量推移(通期・月平均)
3. 14年度の基材別見込み    
  1) 基材別動向 図5-5. 印刷用粘着紙の基材別構成比(14年度上期)
      表5-2. 基材別国内粘着紙需要量推移(半期・月平均)
  2) 平判粘着紙 図5-6. 印刷用粘着紙における全体と平判の基材別構成比(13年度)
      図5-7. 平判印刷用粘着紙の国内需要量推移(月平均・10~14年度見込み)
  3) 海外製粘着紙 図5-8. 国内に出荷される印刷用粘着紙の基材・生産地別構成比(13年度)
      図5-9. 海外製粘着紙の基材別構成比(13年度)
      図5-10. 海外製粘着紙の基材別需要量推移(12~14年度見込み)
4. 15年度の予測    
5. 粘着紙製造会社    
  1) 概況 図5-11. 粘着紙製造会社の市場占有率(13年度)
  2) 粘着紙の商流 図5-12. 印刷用粘着紙の商流
  3) 日本の主な粘着紙製造会社    
  4) 海外の粘着紙製造会社 表5-3. 海外の主な粘着紙製造会社と日本の販社
6. ラベル向け表面基材と剥離紙    
  1) ラベル向け表面基材 表5-4. 海外の主な表面基材メーカー
  2) 剥離紙 表5-5. 国内の主な剥離紙メーカー
      表5-6. 海外の主な剥離紙メーカー
7. 粘着剤    
  1) 概況 表5-7. 粘着ラベルに使用される粘着剤の主成分と形態別の分類
      図5-13. ラベル向け粘着剤の形態別出荷量推移(10~15年予測)
      図5-14. ラベル向け粘着剤の形態別構成比(13年)
  2) コーティングマシンと粘着剤 表5-8. 主なコーティングマシンメーカー
      表5-9. 国内の主な粘着剤メーカー
8. 印刷会社の自社塗工とライナーレスラベル 図5-15. 印刷会社による粘着紙の需要構成比(14年上期)
      表5-10. 主なライナーレスラベル製造会社
第6章 ラベル印刷機の動向
1. 概況    
  1) 印刷方式別の設置台数 図6-1. ラベル印刷機の印刷方式別設置台数構成比(14年累計)
      図6-2. 印刷方式と投資額
  2) 年間出荷台数 図6-3. ラベル印刷機の新規設置台数推移(10~15年予測)
      図6-4. ラベル印刷機の印刷方式別出荷台数(14年)
  3) ラベル印刷機メーカーと売上高 図6-5. ラベル印刷機メーカーのラベル印刷機関連の売上推移(10~15年予測)
      表6-1. 国内で販売している印刷機メーカーと印刷方式別ラベル印刷機
2. コンベンショナル機    
  1) 平圧機 図6-6. 平圧機のメーカー別市場占有率(14年)
  2) 凸版間欠輪転機 図6-7. 凸版間欠輪転機のメーカー別市場占有率(14年)
  3) 凸版輪転機 図6-8. 凸版輪転機のメーカー別市場占有率(14年)
  4) フレキソ機 図6-9. フレキソ機のメーカー別市場占有率(14年)
  5) オフセット間欠輪転機 図6-10. オフセット間欠輪転機のメーカー別市場占有率(14年)
  6) コンビネーション機    
  7) 半輪転機    
  8) スクリーン機    
  9) 世界の印刷方式別シェア 図6-11. ラベル印刷機の印刷方式別シェア(世界・14年)
3. デジタル機    
  1) 概況 図6-12. デジタル機の機材別構成比(14年)
  2) 機材の分類 図6-13. デジタル機のカテゴリー
      図6-14. デジタル機の価格と生産性
  3) 国内のデジタル印刷機 図6-15. デジタル印刷機の設置台数推移(国内・10~15年予測)
      図6-16. デジタル印刷機の印刷方式別構成比(14年)
  4) 世界のデジタル印刷機 図6-17. デジタル印刷機の設置台数推移(世界・10~15年予測)
      表6-2. ラベル向けデジタル印刷機メーカーと機材
  5) IJP 図6-18. IJP のメーカー別市場占有率(14年)
      表6-3. IJP メーカーと機材
  6) オンデマンドラベル作成機 表6-4. オンデマンドラベル作成機メーカーと機材
  7) IJユニット 表6-5. IJ ユニットメーカーと機材
4. ラベル印刷用UV硬化システム 表6-6. 主なラベル向けUV 硬化システムメーカーと対応硬化技術
5. バーコードプリンタ 図6-19. バーコードプリンタの市場推移(10 ~14年予測)
      図6-20. バーコードプリンタの種類別構成比(13年)
      表6-7. 主なバーコードプリンタメーカー
第7章 ラベル用周辺資材の動向
1. 版材    
  1) 感光性樹脂凸版 図7-1. ラベル用感光性樹脂版の出荷量推移(10~15年予測)
      図7-2. ラベル用感光性樹脂版のメーカー別市場占有率(14年)
  2) CTP版 表7-1. ラベル印刷向けの感光性樹脂凸版メーカーと製品名
2. インキ    
  1) 印刷インキの需給実績 図7-3. インキの需給実績(09~14年)
      図7-4. 印刷インキの種類別構成比(14年)
  2) ラベル印刷用インキ 図7-5. ラベル印刷用インキの構成比(14年)
      図7-6. ラベル印刷用UV硬化型インキの出荷量推移(10~15年予測)
      図7-7. ラベル印刷用UV硬化型インキのメーカー別市場占有率(14年)
      表7-2. 主なラベル印刷用インキメーカー
3. 箔素材・ホログラム    
  1) 概況    
  2)    
  3) ホログラム    
  4) そのほかの加飾素材    
  5) 主要な箔押し機と素材メーカー 表7-3. 主な箔・ホログラムの取扱企業
      表7-4. 主な箔押し機メーカー
4. 刃型    
  1) 概況 図7-8. 刃型の出荷金額推移(10~14年見込み)
  2) 刃型の種類別構成比 図7-9. 刃型の種類別構成比(13年)
第8章 ラベル用周辺基材の動向
1. ラベル向けCTP    
  1) 概況 図8-1. ラベル向けCTPの設置台数推移(10~15年予測)
      図8-2. 印刷方式別CTP採用率(14年)
  2) ラベル印刷関連企業のCTP導入率 図8-3. 業種別CTP導入率(14年)
  3) CTPメーカー 図8-4. CTPのメーカー別市場占有率(14年)
      表8-1. ラベル向けCTP メーカーと製品名
  4) 感光性樹脂凸版向け製版機 表8-2. 感光性樹脂凸版向け製版機メーカーとラインアップ
2. 後加工機 表8-3. 主な後加工機メーカーと取扱品目
3. 検査装置    
  1) 検査装置の種類 表8-4. 検査装置の種類
      表8-5. 主なラベル向け自動検査装置メーカーとラインアップ
  2) 自動検査装置 図8-5. 自動検査装置の設置台数推移(10~15年予測)
  3) 静止画像装置 表8-6. ラベル向け静止画像装置メーカーとラインアップ
4. 省力化機器    
  1) 主な省力機 表8-7. 主な省力機メーカー・販社と取扱品目
  2) CCMとインキディスペンサー 表8-8. CCM・インキディスペンサーメーカーとラインアップ
5. ラベラー 図8-6. ラベラーの年間出荷台数と出荷金額推移(10~15年予測)
      表8-9. 主なラベラーとラベルの種類
      表8-10. 主なラベラーメーカーと製造品目

 

 
 
 

紙面から

(株)NAロット(東京都台東区浅草、渡邉好造社長、TEL03-5849-4137)はこのほど、樹脂によって吸着する基材「タックライト」シリーズの新製品「エヴァタック オフセット」を上市。これまでインクジェットや電子写真方式に対応するラインアップを展開しており、UVオフセットに印刷適性を示す新製品でさらなる活用シーンの拡大を目指す。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105