日本国内唯一のラベル関連専門紙

ラベルフォーラムジャパン2014、コンファレンススケジュール一部変更

 7月22日(火)、23日(水)に東京国際フォーラムで国内最大のラベル専門イベント「ラベルフォーラムジャパン2014」(ラベル新聞社主催)が開催される。

 同イベントは、国内外からラベル業界で活躍する業界人やラベルユーザーによる「コンファレンス」、世界最新のラベル関連資機材が一堂に会する「テーブルトップショー」、内外の業界人のネットワーキングを構築する「VIPレセプション」、国内コンバーターの最新技術を披露し人気投票を行う「ラベルフォーラムコンテスト」、デジタル印刷機出展社による同一デザイン印刷物を配布する「ラベルトレイル」の4つを柱に盛大に開催する。

 イベントの中心となるコンファレンスは、2日間で27セッションが実施され、最新のラベルマーケット情報が発信される予定となっているが、今回、講演者の都合により、下記のとおりスケジュールが変更となった。

 1日目午前11時からの「リクシン」(ベトナムのラベル・パッケージ市場)→2日目午前11時30分からに変更

 2日目のマーチンオートマチック(利益を生むサステナビリティ)→1日目午前11時からに変更

 同イベントの会場は、前回の汐留から変わり、有楽町駅徒歩1分、東京駅徒歩5分の好立地「東京国際フォーラム」ホールB7全館。国内にいながらにして、ラベル・パッケージ市場の現状と展望が分かるイベントには、約4,000人の来場が見込まれている。

 なお、コンファレンスは残席わずかのため、事務局では早めの申込を呼びかけている。

 

 

 

 

 

 

団体

全日本シール印刷協同組合連合会(JFLP・田中祐会長)はこのほど、「第30回シールラベルコンテスト」の審査結果を発表。最高位となる経済産業大臣賞に、東北協組の精英堂印刷㈱(山形県米沢市八幡原、井上吉昭社長)が輝いた。なお同社は、次点の経済産業省商務情報政策局局長賞に、同じく東北協組所属の進和ラベル印刷㈱(山形県上山市蔵王の森、晋道純一社長)と共に入賞を果たしている。

展示会

「エコプロOnline2020」(日本経済新聞社主催)が11月25日㈬から4日間、オンライン上で開催される。「SDGs Week Online」の一環として実施される同展は、ウェブを介して持続可能な社会の実現に向けた取り組みを紹介していく。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105