日本国内唯一のラベル関連専門紙

王子HD、東南アジア感熱紙など好調

 王子ホールディングス(株)は2月7日、平成26年3月期 第3四半期決算を発表した。

 同期連結累計業績は、売上高は9,816億600万円(前年同期比6.0%増)、営業利益456億3,300万円(同13.5%増)、経常利益516億9,400万円(同44.0%増)、四半期純利益251億5,100万円(同29.3%増)となった。

 同社グループでは、海外事業の一層の拡大、産業用フィルムなど機能材製品群の生産能力増強、最適生産体制の構築、発電事業の強化などの事業構造転換諸施策を進めており、東南アジアでの段ボール原紙や感熱紙などが好調となった。特に感熱紙は、北米、南米、欧州、アジアの各地で堅調に推移している。

 同グループでは、平成26年3月期の連結業績予想を1兆3,400万円(同7.9%増)、営業利益630億円(同20.3%増)、経常利益580億円(同6.3%増)、当期純利益300億円(同17.2%増)を予想している。

紙面から

リコーはこのほど、192本のレーザー光源を高速かつ独立で変調駆動させる「高出力レーザーマーカー」と、同レーザー光の波長に反応して発色する層をコーティングしたサーマルメディアの技術を開発した。ラベルやパッケージへ異なる表示を毎分300メートルで印字することが可能。同社では、大量生産ラインでも搬送スピードに追従して可変情報印字を実現する新技術として、年度内での製品化を目指している。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105