日本国内唯一のラベル関連専門紙

トーイン、「平成26年3月期第2四半期決算短信」

 トーインは10月31日、「平成26年3月期 第2四半期決算短信」を発表した。それによると同期売上高は56億9,200万円、営業利益は2億700万円となった。

 事業別の動向は次のとおり。
 
 ①包装資材事業 
  個人消費の回復傾向の中、食品分野の売上は堅調に推移した一方で、主に化粧品分野の売上は受注回復傾向にあるものの、既存客先の販促活動減少などの影響を受け、低調な結果となった。その結果、包装資材事業の売上高は4,741百万円となった。 
 
 ②精密塗工事業 
  前期に引き続き、タブレット端末・モバイル情報端末向け部材の需要が好調に推移し、売上高は711百万円となった。 
 
 ③その他事業 
  野田事業所における受託包装、販促品の商品販売ともに需要が減少し、売上高は239百万円となった。 
 
 なお、特定子会社の異動には該当していないが、第1四半期連結累計期間より、TOIN (THAILAND) CO.,LTD.は重要性が増したため、連結の範囲に含めている。 
 
 通期売上高についてはは118億円、営業利益は3億3,000万円を予想している。
 

紙面から

(株)NAロット(東京都台東区浅草、渡邉好造社長、TEL03-5849-4137)はこのほど、樹脂によって吸着する基材「タックライト」シリーズの新製品「エヴァタック オフセット」を上市。これまでインクジェットや電子写真方式に対応するラインアップを展開しており、UVオフセットに印刷適性を示す新製品でさらなる活用シーンの拡大を目指す。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105