日本国内唯一のラベル関連専門紙

ラベル新聞 講演サービス

 

国内・海外のラベル市場を取材するラベル新聞記者らが、皆様のニーズに合わせたテーマで講演します

 

主な講演テーマ

国内のラベル市場

市場規模などをベースにトレンドと展望を解説

【市場全体】【需要分野別】【ラベル印刷会社】【粘着紙】【ラベル印刷機】【デジタルラベル印刷機】【各種資機材】【自動認識】など

海外のラベル市場

地域別市場動向やラベルのトレンドなどを開設

【市場全体】【需要分野別】【ラベル印刷会社】【粘着紙】【ラベル印刷機】【デジタルラベル印刷機】【各種資機材】【自動認識】など

パッケージとラベル市場 ラベルだけでなくパッケージ市場までを含んだトレンドと展望を解説
海外展示会の動向

「ラベルエキスポグローバルシリーズ」を10年以上にわたり定点観測

新技術情報から展望まで

 

主な講演の場

 

ラベル関連団体

各種講演会、勉強会など

ラベル関連企業

社内セミナー、社員教育など

その他周辺団体・企業 新規分野開拓やネットワーク構築のための勉強会、講演会

テーマのご相談にも応じます。

当社規定の講演料をベースに、講演内容や講演時間等によって料金は異なります。お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ先

ラベル新聞社 経営企画室

〒101-0031 東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F TEL:03-3866-6577 FAX:03-3866-0105 info@labelshimbun.com

 

団体

全日本シール印刷協同組合連合会(JFLP・田中祐会長)はこのほど、「第30回シールラベルコンテスト」の審査結果を発表。最高位となる経済産業大臣賞に、東北協組の精英堂印刷㈱(山形県米沢市八幡原、井上吉昭社長)が輝いた。なお同社は、次点の経済産業省商務情報政策局局長賞に、同じく東北協組所属の進和ラベル印刷㈱(山形県上山市蔵王の森、晋道純一社長)と共に入賞を果たしている。

紙面から

リコーはこのほど、可変情報ラベルの基材にも使用されている感熱紙(サーマル紙)に関して、フェノール系化合物を含まない顕色剤を使用した製品を開発。今後、同社が製造するすべての感熱紙を順次〝フェノールフリー〟製品へ転換する。また国内市場では、2021年春からの販売開始を目指す。

展示会

2021年4月20日(火)から9日間、独・デュッセルドルフ見本市会場で開催を予定していた展示会
「drupa2021-国際印刷・メディア産業展」(メッセ・デュッセルドルフ主催)は、
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、中止を発表した。
 

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105