日本国内唯一のラベル関連専門紙

2022年(令和4年)4月15日号 No.1266

2022年(令和4年)4月15日号 No.1266
 
 
1 日榮新化ら5社 「資源循環プロジェクト」始動 剥離紙廃棄ゼロへ共同で実証実験 剥離フィルムを回収・再利用
本池高大専任課長(資源循環プロジェクトリーダー)に聞く 結実「使う、だからこそ」への想い
ユニリーバ・ジャパン 主力商品のアテンションシールを順次廃止へ スタイリング剤は継続の意向
ハイ・アングル  
2 リンテック ポリラミ不使用で高平滑実現 ラベル素材2種上市 環境配慮型剥離紙を開発
JPA 第45回入学式を実施 社会に役立つ“PX”提唱
ワインエンス ワイン記録アプリ「Colk」 ラベル起点に情報管理
導入リポート ダイヤモンド印刷工業 設備導入で個包装を自動化 ぴろー包装機にフリクションフィーダー連結
業界短信 SCREEN GP ジャパン新社長就任、経済調査会が講習会開催
3 SAMURAI TRADING 卵殻配合のバイオマス素材訴求 ラベル基材への可能性も
エイブリィ 粘着剤でバイオマスマーク取得 PLA基材の粘着紙も展開
武藤工業 水性昇華の新IJP上市 広幅対応で色表現・品質向上
JAHI 「野菜で健康推進部会」活動展開へ 小売店舗のPOP需要拡大にも
総会情報  
4 メーカー・サプライヤーに訊く グラフォトロニック 後加工機の“イノベーター” イリスと代理店契約結び日本市場へ本格展開
OKI 対話通じて“社内の風通しをよく” 成長への土台作り推進
ヴィープス 書面決議の結果など報告 三條機械が「新型」講演
CPP イーデール子会社化 ラベル分野の製品拡充へ
5 SDGs対応受け拡大傾向の量り売りビジネスリポート ビオセボンなど 欧州発小売店・ドラッグストア・コンビニも 包装レスで各社の目標達成へ
斗々屋 ゼロ・ウェイストに共感続々 量り売りスーパー「斗々屋」拡大へ
海外発 団体・コンバーターの業界予測 ▶欧州・北米 各社・団体が市場調査の結果発表 21年のラベル需要前年比3.8%増に 22年は懸念材料が散見も
ストライキの現状 UPM・レクタで交渉継続 TLMIも解決への要請発出
6 広告  
7 JapanマーケティングWeek春 新たな加工、製品、提案でシール・ラベルの事例が続々 ノベルティーなど販促効果に期待
PIショー春2022 “光る”技術をカタチに 貼りでギフトの魅力引き立つ
Japan IT Week春 流通・物流分野に新提案 環境配慮とデジタル化寄与
日印産連 21年度「デジタル印刷に関するアンケート調査」② 「シール・ラベル」のデジタル親和性明らかに
8 ブランドオーナー探訪・商品、私物のカスタマイズSP 第147回 キタムラ 注文から最短1時間仕上げのお名前シールサービスを開始 保護者のストレス・負担軽減に一役
第148回 ラッシュジャパン ギフト・“推し活”需要にも 店舗ならではのエクスペリエンスを
第149回 サントリー食品インターナショナル 「クラフトボス」のキャンペーンを展開中 剥がした先に新たな価値見出す
 
 

紙面から

▼2019年が4兆8,135億円、対して21年は97.5%減の1,208億円。観光庁発表の訪日外国人旅行者による消費額推移だ。外国人旅行者数は3,188万人を記録したコロナ前の19年がピーク。昨年は25万人と実に99.4%減に。大きなキャリーを引いた観光客の姿が街に溢れていた日々。たった2年前の出来事が遠い幻のよう

展示会

 「第64回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー秋2021」(㈱ビジネスガイド社主催)が2021年9月8日から3日間、東京都豊島区東池袋の池袋サンシャインシティ・コンベンションセンターで開催された。コロナ禍の消費者行動や価値観の変化を捉えた提案が並ぶ中で、シール・ラベルのほか、印刷技術を活用した製品に関心が寄せられた。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105