日本国内唯一のラベル関連専門紙

ラベルエキスポヨーロッパ、再度の延期発表23年9月開催へ

 英ターサスはこのほど、4月にベルギーのブリュッセルエキスポで予定されていたラベル業界の総合展示会「ラベルエキスポヨーロッパ2022」の延期を発表。19年展の開催以来、コロナ禍で延期が続いている。
 
 延期の主な理由に関して主催チームは、「サプライチェーンの大きなプレッシャーと、急速に変化するウクライナ情勢」の2点を挙げている。パンデミックに端を発するサプライチェーンの混乱によって、部品や材料の調達に影響を受けている企業が少なくない状況下、スケジュール変更を余儀なくされた。
 
 欧州のラベル業界団体FINATは、「ラベルを製造するための消耗品の不足、そして地政学的問題であるウクライナ情勢に起因する不確実性は大きく、乗り越えるべきハードルが高過ぎる」とコメント。関係者と密接な協議を重ねた末、ラベル業界の利益を第一に考慮した判断だとしている。
 新しい会期は23年9月11日(月)から14日(木)までの4日間、会場に変更はない。
 
 今年予定されている「ラベルエキスポアジア」(6月)、「同アメリカ」(9月)、「同インディア」(11月)、「同サウスチャイナ」(12月)について、現時点ではスケジュール変更のアナウンスは行われていない。

紙面から

▼2019年が4兆8,135億円、対して21年は97.5%減の1,208億円。観光庁発表の訪日外国人旅行者による消費額推移だ。外国人旅行者数は3,188万人を記録したコロナ前の19年がピーク。昨年は25万人と実に99.4%減に。大きなキャリーを引いた観光客の姿が街に溢れていた日々。たった2年前の出来事が遠い幻のよう

展示会

 「第64回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー秋2021」(㈱ビジネスガイド社主催)が2021年9月8日から3日間、東京都豊島区東池袋の池袋サンシャインシティ・コンベンションセンターで開催された。コロナ禍の消費者行動や価値観の変化を捉えた提案が並ぶ中で、シール・ラベルのほか、印刷技術を活用した製品に関心が寄せられた。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105