日本国内唯一のラベル関連専門紙

ラベル協組前理事長 平山良一氏が死去 組合の発展に多大な功績

 東京都ラベル印刷協同組合の前理事長で、㈱日本ラベル代表取締役社長の平山良一氏が9月6日、死去した。68歳。

 
 同氏は1975年3月、立教大学経済学部卒業後、同4月、日本オリベッティ㈱入社。やがて日本ラベルの創立により81年6月に退社し、同社へ入社。2000年11月、先代から経営を引き継ぎ、社長に就任した。
 
 03年4月には、㈱平山秀山堂を統合。また、環境負荷軽減に向けた事業を推進し、16年2月、森林認証FSC-CoC認証を取得したほか、同年6月に(一社)日本印刷産業連合会が運営するグリーンプリンティング(GP)認定工場のシール部門とオフセット部門で認定を取得。企業の成長に力を注いだ。
 
 組合活動でも、ラベル協組の要職を歴任。09年の理事着任以降、11年には常務理事、13年には理事長に就任し、3期6年にわたってリーダーシップを発揮した。また全日本シール印刷協同組合連合会でも、副会長や常務理事を務めた。19年からは、副理事長に着任。
 
 なお、葬儀は家族葬として執り行われる。

市場

8%、10%と2度にわたる消費税率引き上げで、事業者の負担を考慮して設けられていた特例期間が2021年3月31日㈬を持って終了する。翌4月1日㈭からは消費税の「総額表示方式」施行により、商品の総額表示が義務化される。同制度は、消費者に対して商品やサービスを提供する課税事業者が行う価格表示を対象とするもの。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105