日本国内唯一のラベル関連専門紙

イーガルド、ラベル応用可能「RFIDデュアルタグ」開発 HF、UHF帯を“一体化”

 ㈱イーガルド(東京都中央区日本橋富沢町、稲本悦郎社長、☎03-3249-4556)は、HF帯とUHF帯の異なる周波数帯を1つに融合した「RFIDデュアルタグ」を開発した。同社の特許技術により製造される同タグは、カードやラベルの形態でも提供可能という。

 
 今回開発したRFIDデュアルタグは、HF帯とUHF帯を1つのメディア上に集約したもの。異なる2枚を使い分ける必要がなく、近距離・遠距離通信機能を1枚で得られるなど利便性の向上に寄与する。
 
 また、特許を取得する独自のアンテナ設計により長距離通信を実現する点も同タグの特徴。従来、HF帯とUHF帯のICタグなどを重ねて運用すると、単体で使用する場合に比べて通信距離が大きく低下する。両周波数帯のアンテナを電界結合して構成する同タグは、通信距離の低下を招くことなく運用できる。
 
 供給サイズは、最小22×65mmから。タグ、カード、ラベルといったアプリケーションで提供でき、基材ごとにオフセット印刷やインクジェット印刷などが施せる。
 
〈写真〉HFとUHFの異なる周波数帯を一体化したもの
 
(2021年6月1日号掲載)

市場

8%、10%と2度にわたる消費税率引き上げで、事業者の負担を考慮して設けられていた特例期間が2021年3月31日㈬を持って終了する。翌4月1日㈭からは消費税の「総額表示方式」施行により、商品の総額表示が義務化される。同制度は、消費者に対して商品やサービスを提供する課税事業者が行う価格表示を対象とするもの。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105