日本国内唯一のラベル関連専門紙

ウエブテック、「STS-330L」、“無駄”省く意欲機 シート向け小型検査装置発表

 ウエブテック㈱(東京都品川区南大井、道場將人社長、☎03-5471-0531)は、ラベルやステッカーなどシートの印刷物をフィーダーで自動搬送し印刷不良を検査する全面検査装置「STS-330L」を発売した。

 
 直線的なフォルムが特徴の新機種は、2,170(W)×726(D)×1,642(H)mmというコンパクト。加えて必要消費電力は1,500Wと、同社は「電気工事も不要、オフィスでも運用できる機種」と位置付ける。
 
 対象物に傷をつけない独自設計のフィーダーや搬送ズレを抑える安定した設計で、不良品を自動で振り分け。4Kラインセンサーの分解能は0.1×0.11mmを誇り、また光源を反射しやすい箔やホログラム、透明フィルムも特殊照明によって撮像可能と、精度の高い検査を支援している。
 
 検査範囲は最小幅36×85mmから最大120×250mmまで、搬送速度は最大毎分60m。またオプションとして、文字や絵柄と可変情報を同時に検査するバリアブル検査に加え、近年ウエブテックが力を入れるAI(人工知能)をシステムに実装した高度な運用も可能。さらに、印刷物両面を同時に検査する仕様にも応じるという。
 
 
〈写真〉ダークグレーの直線的な外観がスタイリッシュ。コンパクトなサイズ感も相まってオフィスユースも想定している
 
(2021年5月1日号掲載)

市場

8%、10%と2度にわたる消費税率引き上げで、事業者の負担を考慮して設けられていた特例期間が2021年3月31日㈬を持って終了する。翌4月1日㈭からは消費税の「総額表示方式」施行により、商品の総額表示が義務化される。同制度は、消費者に対して商品やサービスを提供する課税事業者が行う価格表示を対象とするもの。

紙面から

▼新型コロナ感染拡大の抑止を目的とした緊急事態宣言が19都道府県で、またまん延防止等重点措置が8県で9月30日まで延長。国民のワクチン2回接種率が50%を超え、感染者数の増加も峠を越した感があるが、気の緩みは禁物。ウイルスの変異株が次々と明らかになり、ワクチン抗体を突破する「ブレークスルー」感染も。コロナ収束のため、さらなる“がまん”が求められる


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105