日本国内唯一のラベル関連専門紙

イリス、2月9日、16日にデジタル印刷機「DURST」ウェビナーを開催

㈱イリス(東京都品川区上大崎、フランク・オーバンドルフ社長、☎03-3443-4111)は、「DURSTデジタル・デイ」と称した視聴無料のオンラインセミナーを開催する。
内容は、昨年DURSTが伊本社で実施したリモートセミナーの講演に、日本語字幕を付した動画を視聴するもの。セグメントマネージャーのヘルムート・ムンター氏らが登壇し、上市から2年半で累計販売台数100台超を記録した、同社のUVインクジェットデジタル印刷機「TAU RSCシリーズ」を詳説。また、同機に実装可能なローマイグレーションインクの解説に加えて、世界のデジタル市場に関する現状と今後の予測などについて講演する。なお、講演中にはチャット方式のQ&Aも実施予定。
2月9日㈫と16日㈫の2回実施し、いずれも午後3時から4時15分まで。事前登録制で、開催の前日までにメールで申請すると、当日の視聴URLが送られてくる。セミナーはオンラインツール「GoToWebinar」を使用する。
申し込みは、次のアドレスへ。
 
 

市場

8%、10%と2度にわたる消費税率引き上げで、事業者の負担を考慮して設けられていた特例期間が2021年3月31日㈬を持って終了する。翌4月1日㈭からは消費税の「総額表示方式」施行により、商品の総額表示が義務化される。同制度は、消費者に対して商品やサービスを提供する課税事業者が行う価格表示を対象とするもの。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105