日本国内唯一のラベル関連専門紙

コンバーティングテクノロジー総合展、衛生・環境対応に関心 新製品開発を支援する提案も

「コンバーティングテクノロジー総合展2021」(㈱加工技術研究会主催)が昨年12月9日から3日間、江東区有明の東京ビッグサイトで開催された。多彩な素材と加工技術が一堂に介する中ラベル関連の製品も並び、会期中1万615人が来場した。

 
粘着紙では、リンテック㈱(東京都板橋区本町、☎03−5248−7741)が「抗菌ラミネートフィルム」など機能性製品を多数披露。日榮新化㈱(大阪府東大阪市若江東町、☎06−6732−1150)も抗菌・抗ウイルス機能を備えた粘着シート「ハルシックイ」を訴求し、衛生品に関心を示す来場者から注目された。㈱ユポ・コーポレーション(東京都千代田区神田駿河台、☎03−5281−0815)は、吸着シート「ユポ・サクションタック」の新製品を展示。電子写真方式対応品のほか、耐候性を強化した屋外用も訴求した。王子タック㈱(東京都中央区銀座、☎03−3248−3450)は、バイオマス素材フィルム「Eco Marine Tac」など環境対応型製品の紹介動画を上映した。
 
加飾技術研究会のブースでは、㈱東洋レーベル(京都市右京区西京極畑田町、☎075−314−2117)が「立体転写シール」を出品。厚盛りしたインキと箔を転写することで、直接印刷のようなメタリック表現を実現している。
 
新製品開発を支援する提案として、松尾産業㈱(アドバンスドテクノ事業部・横浜市港北区新横浜、☎045−471−3963)は、ラボコーター「VCML」を展示。各種インキやニス、粘着剤を少量から印刷・塗工でき、試作品製作に有用とした。㈱シンク・ラボラトリー(千葉県柏市高田、☎04−7143−6760)は軟包装向けデジタル印刷機「FXIJ」を紹介し、表刷りインクのサンプルなどを披露した。
 
そのほか、ダックエンジニアリング㈱(京都市南区上鳥羽大柳町、☎075−681−0133)が検査装置を、ソルテック工業㈱(栃木県那須塩原市下田野、☎0287−35−4048)は後加工機を出品した。
 
抗菌・抗ウイルス製品が注目された
 
付加価値を高める加飾提案も
 
(2021年1月15日号掲載)

団体

全日本印刷工業組合連合会(滝澤光正会長)は、「第14回メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)コンペティション」の受賞企業を発表。最高位となる経済産業大臣賞に、一般の部から松本印刷㈱(静岡県榛原郡吉田町、松本憲治社長)の「災害時情報共有ツール」が、また学生の部から土川彩音さん(専門学校浜松デザインカレッジ)の「I.SCALE〜災害の見える化計〜」がそれぞれ選出された。

紙面から

米マーカンディーはこのほど、フレキソとインクジェット(IJ)モジュールを搭載したハイブリッドモデルのラベル印刷機「Digital Series  iQ」をリリース。フレキソ印刷機「Evolution Series」をベースに英ドミノ製のUVIJモジュール「N610i」を組み合わせており、生産性と安定性を備えた機種として展開している。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105