日本国内唯一のラベル関連専門紙

文具女子博、マスキングテープの新ツールが大賞に輝く デザイン+αな機能が魅力

「文具女子博2020」(文具女子博実行委員会主催)が11月27日から3日間、東京都大田区平和島の東京流通センターで開催。ラベル印刷会社各社も出展し、デザインや機能性を付与したシール、テープなどを披露した。

 
抗菌・抗ウイルス機能を持つアイテムを訴求したのは㈱シール堂印刷(東京都品川区西五反田、☎03-3493-2131)。漆喰塗料をコーティング加工した「しっくいデコレーションテープ」を披露し、ドアノブや手すりなどに貼って接触感染対策を図るほか、クローゼット、くつ箱への消臭・調湿効果も狙う。西川コミュニケーションズ㈱(名古屋市東区東桜、☎052-979-0345)は、抗菌ニス加工を施したウォールステッカー「DECOマステ」を参考出品。シートに枝やオーナメントのモチーフが面付けされており、それらを貼って組み合わせるとクリスマスツリーが表れる仕組み。
 
また㈱フォーワテック・ジャパン(新潟県三条市直江町、☎0256-35-3344)は、水彩画のように色の重なりを表現できるシール「PETAPETA WATER COLOR」を先行発売。カミイソ産商㈱(愛媛県四国中央市川之江町、☎0896-58-2133)は、〝ちぎり絵マステ作家〟田村美紀氏デザインのシールを出品した。
 
このほかに丸天産業㈱(広島県福山市東手城町、☎084-943-0666)は、使用済みマスキングテープの紙管5個と、限定非売品のマスキングテープを交換するキャンペーンを実施。集めた紙管は再生紙としてリサイクルするという。
 
なお会期に併せて「文具女子アワード大賞」を開催。最高位には、マスキングテープをボビンのようにカスタマイズするコクヨの文具ツール「Bobbin」が選ばれている。
 
 
「文具女子アワード大賞」の「Bobbin」
 
 
抗菌ニス加工を施したウォールステッカー「DECOマステ」
 
 
丸天産業は紙管をリサイクルするキャンペーンを行った
 
(2020年12月1日号掲載)

団体

全日本印刷工業組合連合会(滝澤光正会長)は、「第14回メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)コンペティション」の受賞企業を発表。最高位となる経済産業大臣賞に、一般の部から松本印刷㈱(静岡県榛原郡吉田町、松本憲治社長)の「災害時情報共有ツール」が、また学生の部から土川彩音さん(専門学校浜松デザインカレッジ)の「I.SCALE〜災害の見える化計〜」がそれぞれ選出された。

紙面から

全日本印刷工業組合連合会(滝澤光正会長)は、「第14回メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)コンペティション」の受賞企業を発表。最高位となる経済産業大臣賞に、一般の部から松本印刷㈱(静岡県榛原郡吉田町、松本憲治社長)の「災害時情報共有ツール」が、また学生の部から土川彩音さん(専門学校浜松デザインカレッジ)の「I.SCALE〜災害の見える化計〜」がそれぞれ選出された。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105