日本国内唯一のラベル関連専門紙

ヤンバ、箔加工の受注サービス開始 多基材そろえ小ロットで

㈱ヤンバ(東京都足立区梅田、芝原大聡社長、☎03-6806-3831)はオンデマンド出力したラベルに金・銀・ホログラムの箔加工を施す、シールの受注サービスを開始した。同サービスは、同社が運営するオンラインショップ「シール印刷プロ」で新たに提案しているもの。

 
3種の箔は、アート、透明PET、クラフト、和紙、黒上質など11種類の基材に対応。デザイン数や枚数、希望発送日、配送地域を決めると、ホームページ上で見積りを行い、納期が表示される仕組み。データ上4ポイントの文字や0.3ポイントの極細線でも箔を載せられるなど、箔押し版と比べてもそん色ない加工精度を特徴とする。
 
担当者は「2008年から開始した受注サービスだが、近年では競合他社も増えている。そのような状況で当社サービスを選んでもらうには、オンリーワンな特徴が必要と感じた。そこで問い合わせや要望の多かった箔を活用したデザインに着目。製造方法や生産体制を確立することで、短納期・低コストの箔押しシールサービスの展開に至っている」と運用の経緯を述べる。
 
〈写真〉金・銀の箔で高級感を演出する。右は和紙へ加工
 
(2020年12月1日号掲載)

団体

全日本印刷工業組合連合会(滝澤光正会長)は、「第14回メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)コンペティション」の受賞企業を発表。最高位となる経済産業大臣賞に、一般の部から松本印刷㈱(静岡県榛原郡吉田町、松本憲治社長)の「災害時情報共有ツール」が、また学生の部から土川彩音さん(専門学校浜松デザインカレッジ)の「I.SCALE〜災害の見える化計〜」がそれぞれ選出された。

紙面から

米マーカンディーはこのほど、フレキソとインクジェット(IJ)モジュールを搭載したハイブリッドモデルのラベル印刷機「Digital Series  iQ」をリリース。フレキソ印刷機「Evolution Series」をベースに英ドミノ製のUVIJモジュール「N610i」を組み合わせており、生産性と安定性を備えた機種として展開している。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105