日本国内唯一のラベル関連専門紙

リンテック、LVIPに水性IJモデル BS5609英国規格適合 海上輸送にも

リンテックの可変情報印字用ラベル素材「LVIP」にこのほど、新モデルが登場。水性インクジェット(IJ)プリンタに対応したフィルムラベル素材で、海上輸送用ラベル規格「BS5609」対応品を含む2製品が加わった。

同社は物流、流通をはじめ医療・医薬、フルカラーの商品ラベルと、用途やプリンタの出力方式に応じて選択可能なラベル素材LVIPブランドを展開。新商材は、水性IJプリンタの印字に対応したフィルムラベル素材となる。
特殊強粘着タイプの「FJ8120-115」は、電子写真方式のレーザープリンタに対応した従来品に続いて、海上輸送用ラベルの耐久性に関する英国規格「BS5609」試験をクリア。また「セクション2」の認証を取得しており、海水にさらされた状態でも粘着力を保持。化学薬品を収めたドラム缶を海上輸送する際に貼られる管理・警告用ラベルにも使用できる。また、一般的な粘着ラベルに比べて高耐久な強粘着タイプの「FJ8110-115」もそろう。特殊強粘着、汎用強粘着どちらも表面基材はポリプロピレン系合成紙を採用。
問い合わせは印刷・情報材事業部門(TEL03-3868-7734)まで。
 
〈写真〉「FJ8120-115」は水性IJによる海上輸送ラベルに対応
 
(2020年11月15日号掲載)

市場

8%、10%と2度にわたる消費税率引き上げで、事業者の負担を考慮して設けられていた特例期間が2021年3月31日㈬を持って終了する。翌4月1日㈭からは消費税の「総額表示方式」施行により、商品の総額表示が義務化される。同制度は、消費者に対して商品やサービスを提供する課税事業者が行う価格表示を対象とするもの。

紙面から

㈱ミヤコシ(千葉県習志野市津田沼、宮腰亨社長、☎047-493-3854)は、ラベル向けオフセット間欠機「MLP」シリーズとして“ウルトラコンパクト”と称するエントリーモデルの「MLP10i」と、ミドルレンジモデルの「同13M」を開発。既存機のハイエンドモデル「同13C」と併せて、ラベルの高品位印刷に取り組む印刷会社へPRを展開し、販売に力を注ぐ。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105