日本国内唯一のラベル関連専門紙

2020年(令和2年)10月15日号 No.1230

2020年(令和2年)10月15日号 No.1230
 
 
1 ラベルに今できること ワールド・プリンター SIAA認証取得の抗菌シール
丸紀印刷 7社で共同企画へ 知見と技術「結集」
東洋インキ エコな抗菌ニスも
ウシオ電機とアイグラフィックス LED-UVシステムで協業
リンテック LVIPに水性IJモデル
2-3 ブラザー工業 デジタル印刷機発表 日本市場で本格展開へ
SCREEN GPジャパン ショールーム機新設
エイブリィデニソン ウェビナー開催 「環境対応型ラベル製品」テーマに
業界短信  
2019年度下期景況感アンケート 「減収・減益」も設備投資や製造体制改善へ
5 LED-UV最前線 GEW LED-UVとUVのシステム切り替え簡易に
GSユアサ 印刷機メーカーと共同でテスト実施
フォセオン ピーク照度20W/cm2を実現
アイグラフィックス 「e−cure」ブランド展開
ウシオ電機 小型・空冷式を訴求
6 LED-UV最前線 導入リポート 丸信 凸版間欠機にHOYA製システム搭載
HOYA ラベル向け「LA」シリーズ開発
IST 特許技術の冷却設計で高効率照射
まとめ
8−9 自動化の今追う最新検査装置特集 ナビタスビジョン 初開催のウェビナーが500人超の視聴で成功裏に
BSTエルトロマット・ジャパン 工程別の検査データ共有システム構築
ワールド・プリンター 齋藤和則社長に聞く
ダックエンジニアリング 変わりゆく「働き方」でも求められる品質保証のため
エスコグラフィックスAVT事業部 「Helios」の新機能追加
CTCジャパン IJメーカーが可変専用検査装置開発
総括 価値創出する新機軸 検査プラスアルファの役割担う
10 80周年特別インタビュー サトーホールディングス 成長の軌跡と将来展望 「あくなき創造」の追及で社会貢献を
 
 

団体

全日本シール印刷協同組合連合会(JFLP・田中祐会長)はこのほど、「第30回シールラベルコンテスト」の審査結果を発表。最高位となる経済産業大臣賞に、東北協組の精英堂印刷㈱(山形県米沢市八幡原、井上吉昭社長)が輝いた。なお同社は、次点の経済産業省商務情報政策局局長賞に、同じく東北協組所属の進和ラベル印刷㈱(山形県上山市蔵王の森、晋道純一社長)と共に入賞を果たしている。

紙面から

リコーはこのほど、可変情報ラベルの基材にも使用されている感熱紙(サーマル紙)に関して、フェノール系化合物を含まない顕色剤を使用した製品を開発。今後、同社が製造するすべての感熱紙を順次〝フェノールフリー〟製品へ転換する。また国内市場では、2021年春からの販売開始を目指す。

展示会

2021年4月20日(火)から9日間、独・デュッセルドルフ見本市会場で開催を予定していた展示会
「drupa2021-国際印刷・メディア産業展」(メッセ・デュッセルドルフ主催)は、
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、中止を発表した。
 

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105