日本国内唯一のラベル関連専門紙

カシオ計算機、ラベルライターで感染症対策デザインの提供を開始

カシオ計算機は10月29日、ラベルライター「NAME LAND(ネームランド)」「Lateco(ラテコ)」で利用可能な感染症対策ラベルデザインの提供を開始した。
 
 
同社は6月、「NAME LAND」を対象に、手洗いの励行やマスクの着用促進など、感染症対策に活用できるラベルデザインを公開。今回は、「より幅広いシチュエーションで活用したい」「ラベルのデザインを追加してほしい」「“Lateco”でも利用したい」というユーザーの要望に応え、新型コロナウイルス感染症対策用に新たなメッセージを盛り込んだラベルデザインを大幅に追加した。
 
追加されるのは、新規デザイン20種類。6月に公開されたものと合わせると計40種類の感染症対策向けのラベルデザインが用意されることになる。
 
また、オリジナルラベルの作成向けに、計60種類(新規デザインは34種類)のイラストを公開。オフィス内での注意喚起や商業施設、飲食店でのお客様へのお知らせをはじめ、幅広いシーンで活用できるものとなっている。
 
利用方法としては、特設ベージ(https://casio.jp/d-stationery/design_dl/)から、各種ラベルおよびイラストの画像データをダウンロードし、PCソフトに取り込み作成する。
 

団体

全日本シール印刷協同組合連合会(JFLP・田中祐会長)はこのほど、「第30回シールラベルコンテスト」の審査結果を発表。最高位となる経済産業大臣賞に、東北協組の精英堂印刷㈱(山形県米沢市八幡原、井上吉昭社長)が輝いた。なお同社は、次点の経済産業省商務情報政策局局長賞に、同じく東北協組所属の進和ラベル印刷㈱(山形県上山市蔵王の森、晋道純一社長)と共に入賞を果たしている。

紙面から

リコーはこのほど、可変情報ラベルの基材にも使用されている感熱紙(サーマル紙)に関して、フェノール系化合物を含まない顕色剤を使用した製品を開発。今後、同社が製造するすべての感熱紙を順次〝フェノールフリー〟製品へ転換する。また国内市場では、2021年春からの販売開始を目指す。

展示会

2021年4月20日(火)から9日間、独・デュッセルドルフ見本市会場で開催を予定していた展示会
「drupa2021-国際印刷・メディア産業展」(メッセ・デュッセルドルフ主催)は、
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、中止を発表した。
 

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105