日本国内唯一のラベル関連専門紙

特種東海製紙、意匠性高める特殊紙を新発表 光でパターン柄を創出

特種東海製紙はこのほど、パッケージ向けの特殊紙「TT-SPARKLE」を発表した。

アルミ光沢・ツヤ消し・パール調の新製品は、光の入射・反射を利用して動きのあるパターン柄を創出する技術「D-motion」を採用したもの。3種のベースペーパーに3柄、3タイプの厚みで展開する。
3種ベースペーパーに施すパターン柄は、波線状の「ユラユラ」、階段状の「ダンダン」、ドッド状の「ポチポチ」で、厚み区分は#100(100〜150グラム/平方メートル)、#200(200〜250グラム/平方メートル)、#300(300〜350/平方メートル)を用意。
化粧品や食品といったパッケージに採用を見込む同シリーズは、新たなパターン柄やベースペーパーを追加していくとともに、機能性のある特殊基材などと合わせ高付加価値パッケージをブランド展開するという。
また、ラベル基材への可能性について担当者は「現段階ではラベルに適した厚みへ対応するのは難しいが、意匠性を付与する製品として今後検討していきたい」とコメントしている。
TT-SPARKLEの販売は新設したBtoB専用ECサイト(https://ttec.bcart.jp/)から。
 
〈写真〉「TT-SPARKLE」のパッケージサンプル
 
(2020年9月15日号掲載)

紙面から

リコーはこのほど、192本のレーザー光源を高速かつ独立で変調駆動させる「高出力レーザーマーカー」と、同レーザー光の波長に反応して発色する層をコーティングしたサーマルメディアの技術を開発した。ラベルやパッケージへ異なる表示を毎分300メートルで印字することが可能。同社では、大量生産ラインでも搬送スピードに追従して可変情報印字を実現する新技術として、年度内での製品化を目指している。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105