日本国内唯一のラベル関連専門紙

サトー、外来用リストバンドに新技術 「発明奨励賞」受賞

(株)サトー(東京都目黒区下目黒、小沼宏行社長、TEL03-5745-3400)が開発した医療現場向けの「リストバンドおよびリストバンドの巻付け方法」(特許取得済み)はこのほど、(公社)発明協会主催の「令和元年度関東地方発明表彰」で発明奨励賞を受賞。サトーヘルスケア㈱が販売するリストバンド「日帰りくん」(商標登録済み)に採用されている。

同発明は外来患者向けの識別用リストバンドをラベルプリンタから発行するもので、看護職員らの補助が不要で装着できる。表面基材と剥離紙をずらして貼り合わせたリストバンド=写真=が連なり、外来診察の受付を行った際プリンタから1枚ずつ出力される。使用者はリストバンドで輪を作り、腕を通した後、手首の太さに合わせて折り返すことで装着が可能。剥離紙のゴミも発生せず、リストバンド1本につきCO2の100グラム削減につながる。
同社は「口頭による患者の名前の確認だけでは安全確保が不十分で、入院患者用のリストバンドはコストが高く、装着にも補助が必要。既存の外来用も、一人で装着するのは難しいという問題があった」と説明。2019年には、約90万本を販売した。
 
 
(2020年5月15日号掲載)

紙面から

リコーはこのほど、192本のレーザー光源を高速かつ独立で変調駆動させる「高出力レーザーマーカー」と、同レーザー光の波長に反応して発色する層をコーティングしたサーマルメディアの技術を開発した。ラベルやパッケージへ異なる表示を毎分300メートルで印字することが可能。同社では、大量生産ラインでも搬送スピードに追従して可変情報印字を実現する新技術として、年度内での製品化を目指している。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105