日本国内唯一のラベル関連専門紙

王子HDと大王製紙が発表 新型コロナ感染拡大を背景に 不織布マスク生産

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って国内のマスクおよび医療用ガウン不足が問題となっている。このような現状を鑑み、製紙各社がマスク生産の開始を発表した。
王子ホールディングスはこのほど、不織布マスクをグループ会社の新タック化成(株)で生産すると発表した。クリーンルームを備える山本工場(香川県三豊市山本町)で、6月下旬の生産開始を目指し、新設備を導入。月当たり約200万枚の生産量を見込む。
また、医療用ガウン用途の不織布についても5月中旬から、王子ネピア㈱のパーソナルケア名古屋工場(愛知県春日井市王子町)で生産を開始する。同工場は、紙おむつ基材用に生産している不織布の生産体制増強を決定。「医療用ガウンの基材を月に約80万着分供給することが可能」と説明している。
大王製紙は4月末、グループ会社のエリエールプロダクト(株)(愛媛県四国中央市寒川町)に月当たり1300万枚の不織布マスク生産を実現する生産設備を導入し、直ちに生産すると発表した。しばらくは同400万枚を生産し、今後、2台目の加工機を増設。7月から、同2600万枚の生産体制を構築する方針としている。
 
(2020年5月1日号掲載)

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105