日本国内唯一のラベル関連専門紙

ラベルエキスポアメリカ、新型コロナ被害拡大で開催延期

英ターサスはこのほど、9月15日(火)から3日間の開催を予定していた「ラベルエキスポアメリカ2020」と併催の「ブランドプリントアメリカ」の延期を決定した。新しい日程は現在調整中で、5月末までに発表する見通し。
 
主催者のターサスは、出展者と来場者、およびスタッフの健康と安全確保を念頭に、米国における新型コロナウイルスの急速な被害拡大と疾病管理予防センターの勧告を注視。最新の情報と関係筋のアドバイスに基づいて、展示会を延期する決断を選択した。
ターサスは「この不確実な状況下で、まずは各位のご理解に感謝申し上げたい。主催者として質の高いショーを提供し、安心して参加いただけるよう最大限の努力をしていく。また各位におかれては、WHOのガイドラインとプロトコルを参照の上、ウイルスのさらなる拡大抑止にご協力いただきたい」とコメントしている。
 
ラベルエキスポアメリカは、米イリノイ州ローズモントのドナルド・E・ステファンズコンベンションセンターで隔年開催される、米最大のラベル関連資機材展。同展には今回、450社の出展社と1万6,000人の来場を見込んでいた。
 
問い合わせは主催者まで。
 

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105