日本国内唯一のラベル関連専門紙

ダイセル、生分解性高めた酢酸セルロース開発 環境配慮フィルムでラベル基材にも期待

ダイセルでは現在、環境に配慮したプラスチックやフィルムなどの原料に活用される「酢酸セルロース」の事業を推進。近年の環境対応型製品に対する需要の高まりを受け、生分解しやすい分子構造を見いだすことにより、海洋中での生分解速度を高めた新製品を開発した。幅広い用途展開の中で、ラベルの表面基材としての活用も期待される。

酢酸セルロースは、非食用植物由来の「セルロース」と食酢の主成分「酢酸」を原料に製造される素材。使用後は専用コンポストや土壌だけでなく海洋中でも、最終的に水とCO2へ生分解される。一般的なプラスチックやフィルムと同様の加工が可能で、包装容器や繊維、保護フィルム、化粧品などの原料として活用されている。
新製品は、従来の加工品質などを保ちつつ、海洋中での生分解性速度を向上。同社は「研究によると、従来品と比較して約2倍近い速度で分解するとのデータが得られた」と説明する。
また同社はこのほど、石灰石を原料の一部に採用する環境配慮型素材「LIMEX」を展開する㈱TBM(東京都中央区銀座、山﨑敦義社長、☎03・3538・6777)とともに、酢酸セルロースと石灰石を組み合わせた新素材「海洋生分解性LIMEX(仮称)」の開発に向けた取り組みをスタート。石油由来原料の使用削減と、廃プラ・フィルムによる海洋汚染の抑制に貢献する新素材として、2020年度中の採用を目標に掲げる。
ダイセルでは「数カ月から数年で分解される酢酸セルロースを既存のプラスチックやフィルムの代替とすることで、海洋汚染の解決策になり得る。ラベルの表面基材にも活用できると認識しており、今後、新製品の用途開拓を進め、将来的に年間数千㌧以上の生産を目指す」と話している。
 
2020315日号掲載)

団体

消費者庁は4月10日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、食品表示法に基づく食品表示基準の弾力的運用を通知。容器包装に表示されている原材料等の原料原産地や栄養成分について、実際に使用されている表示と異なっていたとしても、適正な情報が他の方法で伝達されている場合、該当食品の販売を認めるといった緩和措置を行う。

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105