日本国内唯一のラベル関連専門紙

ユポ・コーポレーション、「最薄」「易カット」上市 テープ原紙用途に本格進出

株式会社ユポ・コーポレーション(東京都千代田区神田駿河台、渡邉真士社長)は3月2日から、テープ原紙用途を想定した新製品「SKS45」と「STS50」の販売を開始している。

両製品は耐久性・耐水性・印刷適性といったユポ特有の基礎機能を有しながら、従来品にない薄さを追求したもの。今回の上市を機に、テープ原紙用途への本格参入を図る構え。
SKS45は、ユポ史上最薄となる45マイクロメートルを実現。これまで最も薄かった60マイクロメートルから20%の削減を実現し、テープに加工した際、長尺でも軽量かつ巻き径を小さくすることができる。また薄肉化したSKS45は、50ミリ×50メートル巻きのテープを1000巻製造した場合、PETフィルム(50マイクロメートル厚)と比較して約60%、PPフィルム(同)では約40%のプラスチック使用量削減とCO2排出を抑制している。
一方、STS50は「手で容易に切れるユポ」をコンセプトとしたもの。はさみやカッターといった刃物類の持ち込みが制限される作業現場でも、手で横方向に切って使用できる。易カットタイプながらユポ本来の耐久性や耐水性を持つため、屋外での使用や水濡れのある青果の結束用途、また輸送シーンにも適性を持つ。
STS50も減プラスチックとCO2排出削減を実現しており、SKS45と同条件でPETフィルム比では70%、PPフィルム比で45%抑制できるという。主な用途は、包装用テープ、封かんラベル、結束テープなど。
詳細は同社営業部(TEL03-5281-6684)。
 
(2020年3月1日号掲載)

団体

消費者庁は4月10日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、食品表示法に基づく食品表示基準の弾力的運用を通知。容器包装に表示されている原材料等の原料原産地や栄養成分について、実際に使用されている表示と異なっていたとしても、適正な情報が他の方法で伝達されている場合、該当食品の販売を認めるといった緩和措置を行う。

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105