日本国内唯一のラベル関連専門紙

ユポ・コーポレーション、「最薄」「易カット」上市 テープ原紙用途に本格進出

株式会社ユポ・コーポレーション(東京都千代田区神田駿河台、渡邉真士社長)は3月2日から、テープ原紙用途を想定した新製品「SKS45」と「STS50」の販売を開始している。

両製品は耐久性・耐水性・印刷適性といったユポ特有の基礎機能を有しながら、従来品にない薄さを追求したもの。今回の上市を機に、テープ原紙用途への本格参入を図る構え。
SKS45は、ユポ史上最薄となる45マイクロメートルを実現。これまで最も薄かった60マイクロメートルから20%の削減を実現し、テープに加工した際、長尺でも軽量かつ巻き径を小さくすることができる。また薄肉化したSKS45は、50ミリ×50メートル巻きのテープを1000巻製造した場合、PETフィルム(50マイクロメートル厚)と比較して約60%、PPフィルム(同)では約40%のプラスチック使用量削減とCO2排出を抑制している。
一方、STS50は「手で容易に切れるユポ」をコンセプトとしたもの。はさみやカッターといった刃物類の持ち込みが制限される作業現場でも、手で横方向に切って使用できる。易カットタイプながらユポ本来の耐久性や耐水性を持つため、屋外での使用や水濡れのある青果の結束用途、また輸送シーンにも適性を持つ。
STS50も減プラスチックとCO2排出削減を実現しており、SKS45と同条件でPETフィルム比では70%、PPフィルム比で45%抑制できるという。主な用途は、包装用テープ、封かんラベル、結束テープなど。
詳細は同社営業部(TEL03-5281-6684)。
 
(2020年3月1日号掲載)

紙面から

リコーはこのほど、192本のレーザー光源を高速かつ独立で変調駆動させる「高出力レーザーマーカー」と、同レーザー光の波長に反応して発色する層をコーティングしたサーマルメディアの技術を開発した。ラベルやパッケージへ異なる表示を毎分300メートルで印字することが可能。同社では、大量生産ラインでも搬送スピードに追従して可変情報印字を実現する新技術として、年度内での製品化を目指している。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105