日本国内唯一のラベル関連専門紙

drupa、2021年4月に延期、新型コロナウイルスの影響を考慮

メッセ・デュッセルドルフは3月13日、新型コロナウイルスの被害が拡大していることを受け、印刷業界最大の見本市「drupa(ドルッパ)」を2021年4月に延期することを発表した。
 
drupaは2020年6月16日(火)から11日間、ドイツのデュッセルドルフで開催を予定していたが、2021年4月20日(火)から11日間に延期されることが決定した。主催者であるメッセ・デュッセルドルフは、ロベルトコッホ研究所による主要イベント開催のリスクについて、勧告を重く受けたドイツ政府危機管理チームの要請に従うこととした。
欧州は、新型コロナウイルスの感染者数が大幅に増加。開催都市であるデュッセルドルフは3月11日、1度に1,000人を超える規模の主要なイベントは中止するよう勧告をしていた。
 
「この決定は、アドバイザリーボードメンバーおよびスポンサー団体との密接な協議の結果によるもの」とヴェルナー・M・ドルンシャイトは強調する。加えて、「パートナーとして、出展者が被る経済損失を減らすために力を尽くしている」としている。
 
 
 

市場

CCLジャパン(株)はこのほど、2020年1月1日からチェックポイントシステムジャパン(株)と組織および社名変更すると発表した。
 
これまでCCLグループ(本社・カナダ)のチェックポイント事業は、チェックポイントジャパン(株)が日本法人として展開してきた。

展示会

6月20日から5泊7日の日程で実施予定だったラベル新聞社企画の「drupa2020視察ツアー」は、
主催社(メッセデュッセルドルフ)による同展延期の発表を受け、中止となった。
世界中で発生している新型コロナウイルスの影響を受けてのもの。
 

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105