日本国内唯一のラベル関連専門紙

drupa、2021年4月に延期、新型コロナウイルスの影響を考慮

メッセ・デュッセルドルフは3月13日、新型コロナウイルスの被害が拡大していることを受け、印刷業界最大の見本市「drupa(ドルッパ)」を2021年4月に延期することを発表した。
 
drupaは2020年6月16日(火)から11日間、ドイツのデュッセルドルフで開催を予定していたが、2021年4月20日(火)から11日間に延期されることが決定した。主催者であるメッセ・デュッセルドルフは、ロベルトコッホ研究所による主要イベント開催のリスクについて、勧告を重く受けたドイツ政府危機管理チームの要請に従うこととした。
欧州は、新型コロナウイルスの感染者数が大幅に増加。開催都市であるデュッセルドルフは3月11日、1度に1,000人を超える規模の主要なイベントは中止するよう勧告をしていた。
 
「この決定は、アドバイザリーボードメンバーおよびスポンサー団体との密接な協議の結果によるもの」とヴェルナー・M・ドルンシャイトは強調する。加えて、「パートナーとして、出展者が被る経済損失を減らすために力を尽くしている」としている。
 
 
 

団体

消費者庁は4月10日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、食品表示法に基づく食品表示基準の弾力的運用を通知。容器包装に表示されている原材料等の原料原産地や栄養成分について、実際に使用されている表示と異なっていたとしても、適正な情報が他の方法で伝達されている場合、該当食品の販売を認めるといった緩和措置を行う。

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105