日本国内唯一のラベル関連専門紙

ミヤコシ、エントリーモデルの新型オフ間欠機発表 高品位印刷など既存機の機能踏襲

(株)ミヤコシ(千葉県習志野市津田沼、宮腰亨社長、TEL047-493-385)はこのほど、新型のラベル向けオフセット間欠機「MEL13A」を開発した。

新機種は、既存機「MLP」シリーズの高い見当精度や生産性などの機能を踏襲。印刷準備コントロールとリピートデータに基づき、ジョブチェンジに要する時間の短縮や損紙の低減に貢献する。紙粉除去装置や自動インキロール洗浄機能、インキキーリモコン、ダイカットギャップ調整機構、見当監視モニターなどのオプション搭載を可能にしつつ、設計の見直しを図ることで、導入しやすい価格帯を実現。加えて自動見当装置もオプション設定している。
印刷速度は天地サイズを問わず最大で毎分150ショット。さらにインライン加工のニーズに対応するため、平台のスクリーンユニットを新たに開発。ほかにも加工ユニットが搭載可能となっており、高付加価値ラベルの製造に応える。
主な仕様は次の通り。
▽最大基材幅…350ミリ▽最大印刷幅…330ミリ▽最小印刷幅…100ミリ
同社は現在、スペイン・マドリードのミヤコシ・ヨーロッパを拠点とし、欧州地域での販売展開に注力。新機種は、同地域の印刷会社が導入しやすい機種として開発された。ミヤコシでは「世界的に小ロット化が進む中にあって、生産性を落とさず、オフセット方式による高い印刷品質を実現する」とコメント。ワインや食品、飲料、化粧品などのラベル製造にマッチした機種として訴求する。
 
 
(2020年2月1日号掲載)

団体

消費者庁は4月10日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、食品表示法に基づく食品表示基準の弾力的運用を通知。容器包装に表示されている原材料等の原料原産地や栄養成分について、実際に使用されている表示と異なっていたとしても、適正な情報が他の方法で伝達されている場合、該当食品の販売を認めるといった緩和措置を行う。

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105