日本国内唯一のラベル関連専門紙

Labelexpo Southeast Asia 2020

「ラベルエキスポ東南アジア2020」開催延期

英ターサスは3月4日、5月にタイ・バンコクのBITECで開催を予定していた「ラベルエキスポ東南アジア2020」の開催延期を発表。新型コロナウイルスによる影響を鑑み、会期をあらためて9月10日㈭から12日㈯までの3日間、同所で実施する方針としている。
 
今回の延期はタイおよび東南アジア地域の状況を踏まえ、現地政府やWHOからの助言に従った末の決断としている。ターサスのラベルエキスポグローバルシリーズ、マネージングディレクターのリサ・ミルバーン氏は「前例のない状況で難しい決定となった。しかし、出展者と来場者、スタッフの安全を最優先事項と捉え、会場となるBITECや現地のパートナーらと協議し、9月まで延期することが最善策であると考えている」とコメント。
 
なお、今年予定されているほかのラベルエキスポシリーズについては、現状ではスケジュールに変更なく開催する方針としている。
当件に関する問い合わせはターサス(support@labelexpo.com)まで。
 

市場

CCLジャパン(株)はこのほど、2020年1月1日からチェックポイントシステムジャパン(株)と組織および社名変更すると発表した。
 
これまでCCLグループ(本社・カナダ)のチェックポイント事業は、チェックポイントジャパン(株)が日本法人として展開してきた。

展示会

6月20日から5泊7日の日程で実施予定だったラベル新聞社企画の「drupa2020視察ツアー」は、
主催社(メッセデュッセルドルフ)による同展延期の発表を受け、中止となった。
世界中で発生している新型コロナウイルスの影響を受けてのもの。
 

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105