日本国内唯一のラベル関連専門紙

「ミニ機材展」、開催中止に

 東京都ラベル印刷協同組合(北島憲高理事長)は19日、台東区柳橋の東商センターで今月29日(土)に実施予定だった「第21回ラベル関連ミニ機材展」の開催中止を決定したと発表した。

 ミニ機材展は、同組合員や関東一円のラベル印刷人に向けて先進の機器や関連技術、ソリューションを発信する催しとしてラベル協組が1998年から開催するもの。新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、都内で実施される各種イベントの延期・中止が相次ぐ中、不特定多数が空間内に密集するミニ機材展について開催の是非を協議してきた。

 今回の発表についてラベル協組は「慎重に協議を重ねてきたが、最終的に中止との苦渋の決断を下した」とコメント。なお、今後の開催については「後日報告する」(同)としている。

 

市場

CCLジャパン(株)はこのほど、2020年1月1日からチェックポイントシステムジャパン(株)と組織および社名変更すると発表した。
 
これまでCCLグループ(本社・カナダ)のチェックポイント事業は、チェックポイントジャパン(株)が日本法人として展開してきた。

展示会

6月20日から5泊7日の日程で実施予定だったラベル新聞社企画の「drupa2020視察ツアー」は、
主催社(メッセデュッセルドルフ)による同展延期の発表を受け、中止となった。
世界中で発生している新型コロナウイルスの影響を受けてのもの。
 

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105