日本国内唯一のラベル関連専門紙

キングジム、「テプラ」新製品を発表 50ミリ幅で多言語表記にも

キングジムは2月20日(木)、ラベルライター「テプラ」PROシリーズの新製品「PRO SR-R7900P」を発売する。

同モデルは、パソコン・スマートフォンに接続して使用する最上位機種。同シリーズで初の50ミリ幅に対応した同機は、専用ソフトの翻訳機能を用いて1枚のラベル内に多言語表記した際も、視認性と可読性を確保する。
また、新開発の45メートル巻きテープ「EXロングテープカートリッジ」にも対応。10センチのラベルを1万枚出力する場合、従来の8メートル巻きに比べ、約7万5000円のコストを抑えられるとしており、カートリッジ交換の手間も省けると訴求している。
2月4日に行った新製品発表会の席上、開発を担当したキングジム電子文具開発部ラベルライター課の畑山優貴リーダーは「訪日外国人が増えている昨今において、商業施設の案内板や工事現場の注意喚起ラベルなどに採用を見込んでいる。また、最大印字幅が47.9ミリのため、1枚で複数行を使用し、多言語を表記することも可能」と特徴を紹介した。
新機種のサイズは約193(W)×198(D)×144(H)ミリで本体価格は5万9800円、50ミリ幅のテープは2750円から(いずれも税別)。白や透明、パステルなど豊富なカラーバリエーションに加え「屋外に強い」「マグネット」「強粘着」といった特徴を持つ。また45メートル巻きのEXロングテープカートリッジは、テープ幅12から50ミリまでをラインアップしている。
各商品の問い合わせは、同社お客様相談室(☎0120-79-8107)まで。
 
 
(2020年2月15日号掲載)

市場

CCLジャパン(株)はこのほど、2020年1月1日からチェックポイントシステムジャパン(株)と組織および社名変更すると発表した。
 
これまでCCLグループ(本社・カナダ)のチェックポイント事業は、チェックポイントジャパン(株)が日本法人として展開してきた。

展示会

6月20日から5泊7日の日程で実施予定だったラベル新聞社企画の「drupa2020視察ツアー」は、
主催社(メッセデュッセルドルフ)による同展延期の発表を受け、中止となった。
世界中で発生している新型コロナウイルスの影響を受けてのもの。
 

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105