日本国内唯一のラベル関連専門紙

Idealliance、日本初の資格取得プログラム「G7トレーニング」開催へ

印刷の国際規格「ISO12647」シリーズにおける認証制度の一つ「G7」(認証機関・米Idealliance、ティモシー・ベックレーCEO)の資格取得プログラムが2月12日㈬〜14日㈮の3日間、学校法人日本プリンティングアカデミー(東京都文京区小石川)で開催される。

オフセット印刷のISO規格「12647︱2」においては、日本ではJapan Colorが主運用されているが、世界ではG7を採用するブランドオーナーが増えている。今回の資格認証トレーニングもその影響を受けたもので、日本で開催されるのは初めて。

講師には、コンサルタントで、G7エキスパートトレーナー&インストラクターのロン・エリス氏を米国から迎え、3日間とも日本語による逐次通訳により講習と実技が行われる。

初日はIdeallianceやG7の概念および認証取得によるメリットなどが説明されたのち、キャリブレーションの果たす役割を学ぶ。2〜3日目は実技をメーンに行い、カラーマネジメント、プリプレスワークフロー、オフセット印刷機によるデモなどを経て、資格取得者の果たす役割等の質疑応答を行い理解を深める。

3日のプログラムを終了したのちオンラインテストを実施し、正解9割を越えると「G7エキスパート」(自社以外のコンサルタント可)、8割以上で「G7プロフェッショナル」(コンサルタント不可。G7スキルを社内活用可)の資格が取得できる。

同プログラムには、日米のブランドオーナーや印刷会社のほか、アジア各国からの参加が予定。会員以外の参加も可能で、受講料はG7エキスパート3000US㌦(約32万円・認証料金含む)、G7プロフェッショナル2500US㌦(約27万円)となっている。

詳細は、IdeallianceのHPで。

 

 

 

市場

CCLジャパン(株)はこのほど、2020年1月1日からチェックポイントシステムジャパン(株)と組織および社名変更すると発表した。
 
これまでCCLグループ(本社・カナダ)のチェックポイント事業は、チェックポイントジャパン(株)が日本法人として展開してきた。

紙面から

サトーホールディングスはこのほど、100%子会社の①(株)サトー②デザインプロモーション(株)③サトーインターナショナル(株)④サトープライマリーラベルインターナショナル(株)、以上4社に関する合併を発表した。承認株主総会を経て4月1日(水)、①を存続会社とし、3社は解散する予定。

展示会

 東京都ラベル印刷協同組合(北島憲高理事長)は19日、台東区柳橋の東商センターで今月29日(土)に実施予定だった「第21回ラベル関連ミニ機材展」の開催中止を決定したと発表した。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105