日本国内唯一のラベル関連専門紙

ウエノ、11月22日に内覧会を開催

ウエノ(株)(大阪市淀川区西中島、上野耕治社長、TEL06・6301・1555)は11月22日(金)午前9時30分から午後5時まで、大阪府吹田市広芝町のグラフテック(株)関西事業所で「内覧会」を共同開催する。

 関西のシール・ラベル印刷会社をはじめ、内製化を検討したい印刷会社やラベルユーザーを対象としたもの。最新のデジタル印刷加工システムと小ロット対応のワークフローを、実機を交えて提案する。
グラフテックは、最新デジタルラベル印刷加工システム「ラベルロボ LCX10000 シリーズ」を出品。出力からラミネート・抜き加工・カス上げ・小巻き、スリットまでの一連の工程をデモンストレーションするほか、全抜き加工の省力化を支援するフラッドベッドタイプのカッティングプロッタ「FCX4000/2000」、ほかにも750~1,600mm幅まで4タイプがそろうプロッタの最新モデル「FC9000シリーズ」も展示する。
またウエノからは、同社の印刷薬品を利用したソリューションを紹介。印刷機のセット替えにおける時間短縮策を紹介するほか、テシコン製分光濃度計「スペクトロデンスFG」と㈱SANYO-CYP製の膜厚管理装置「MKS-1000」を運用した、印刷品質の数値管理術を提案する。 
 スケジュールは①午前9時30分~10時30分②11時~12時③午後1時~2時④2時30分~3時30分⑤4時~5時で、事前予約制。問い合わせと予約はウエノ㈱(●06-6301-1555)。

団体

(公社)日本印刷技術協会(JAGAT・塚田司郎会長)は9月24日、杉並区和田のJAGAT本社で「page2021」開催に関するメディア説明会を実施。21年2月3日㈬から3日間、東京都豊島区東池袋のサンシャインシティ文化会館で開催する同展について、従来の会場運営のほかオンラインを利活用した「ハイブリッド開催」とすることを明らかにした。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105