日本国内唯一のラベル関連専門紙

SCREEN GA、新モデル「SAI」は4機種から 色再現力を強化、来年2月上市

(株)SCREENグラフィックソリューションズ(SCREEN GA・京都市上京区、柿田高徳社長、TEL0774-46-6402)はこのほど、ラベル向けUVインクジェット(IJ)デジタルラベル印刷機「Truepress Jet L350UV」の新モデルを発表。4タイプから選べる「Truepress Jet L350UV SAIシリーズ」を、ベルギー・ブリュッセルで開催の「ラベルエキスポヨーロッパ2019」で初披露した。

同社は14年にTruepress Jet L350UVを上市。その後、高生産機「同L350UV+」やローマイグレーションインク搭載の「同L350UV+LM」の発表と進化を遂げ、累計150台超の出荷実績を持つ。
同社は今回、より豊かな色表現を可能とし業務内容に合わせて4機種から選択可能な新モデルを開発。「SAI」は▽Stable(優れた安定性)▽Accurate(高い色再現性)▽Integrated(培った技術力の統合)、の頭文字に加え、色表現力の高さを表す〝彩〟の意味が込められているという。
新モデルは、現行モデルからインクジェットヘッドの搭載スロットを1色増設。CMYKにホワイト、オレンジ、ブルーと最大7色機に対応する。また独CGSの技術協力で、独自に開発したカラーマネジメント技術を搭載。より幅広い色表現が可能となり、特色の再現性も向上している。
フラッグシップのハイエンド機「Zモデル」は最高印刷速度が毎分80メートルと、高品質と高生産性を両立。このほかスタンダード機「Sモデル」、エントリー機「Eモデル」、食品ラベル用の「LMモデル」をラインアップする。20年2月から全世界で順次販売を開始する見込み。
 
(2019年9月15日号掲載)

紙面から

(株)NAロット(東京都台東区浅草、渡邉好造社長、TEL03-5849-4137)はこのほど、樹脂によって吸着する基材「タックライト」シリーズの新製品「エヴァタック オフセット」を上市。これまでインクジェットや電子写真方式に対応するラインアップを展開しており、UVオフセットに印刷適性を示す新製品でさらなる活用シーンの拡大を目指す。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105