日本国内唯一のラベル関連専門紙

キヤノンITソリューションズ、正規品判定クラウドサービス改良 個人情報保護規制に対応

キヤノンITソリューションズ株式会社(東京都品川区東品川、金澤明社長、TEL03-6701-3300)はこのほど、ラベルなどを活用した正規品判定クラウドサービスの最新版「C2V Connected V1・2・1」をリリース。EUにおける個人情報保護規制のレベルに対応した。

C2V Connectedは消費者がスマートフォンなどでQRコードを読み取ると正規品判定が可能となるシステムで、管理者側は読み取りを行った位置情報などを閲覧・取得できる。新たなバージョンでは、①位置情報の精度を変更して記録②判定を行う携帯端末が特定できないUUIDコード(アプリケーション固有ID)を記録③ネットワーク上の端末が識別できないようIPアドレス情報を一部変更して記録、といった3点を変更。システムを利用する個人が特定できないような仕様となった。
背景には、EUの一般データ保護規則(GDPR)を皮切りに、中華人民共和国サイバーセキュリティ法など、各国の個人情報保護に関する規制が強化されている状況が挙げられる。今回のバージョンアップによる変更はいずれも、GDPRの対象となる個人情報を記録しないための措置。日本企業の化粧品、日用品などの商品が輸出されることに備え、最も規制が厳しいとされるEU圏にも対応するシステムとなった。
同社の担当者は「C2V Connectedの導入を検討するお客さまから、GDPRに対応しているのかといったお問い合わせをいただいていた一方で、当社内でも個人情報保護規制への対応は検討課題だった」と話す。今後、規制の強化はアジア諸国にも波及していく可能性があり、同社が先手を打って対応することで、C2V Connected導入顧客のリスク軽減を図る。
担当者は「海外展開にチャレンジする企業の増加に伴い、C2V Connectedの採用件数も伸長しており、当社は今後も同システムの提供を通して、ブランドが安全・安心に商品を届ける支援を継続していく」としている。
 
〈写真〉QRコードを利用して正規品判定を行うシステム「C2V Connected」は新たに個人情報保護規制へ対応した
 
(2019年8月15日号掲載)

団体

全日本シール印刷協同組合連合会(JFLP・田中祐会長)はこのほど、「第30回シールラベルコンテスト」の審査結果を発表。最高位となる経済産業大臣賞に、東北協組の精英堂印刷㈱(山形県米沢市八幡原、井上吉昭社長)が輝いた。なお同社は、次点の経済産業省商務情報政策局局長賞に、同じく東北協組所属の進和ラベル印刷㈱(山形県上山市蔵王の森、晋道純一社長)と共に入賞を果たしている。

紙面から

リコーはこのほど、可変情報ラベルの基材にも使用されている感熱紙(サーマル紙)に関して、フェノール系化合物を含まない顕色剤を使用した製品を開発。今後、同社が製造するすべての感熱紙を順次〝フェノールフリー〟製品へ転換する。また国内市場では、2021年春からの販売開始を目指す。

展示会

2021年4月20日(火)から9日間、独・デュッセルドルフ見本市会場で開催を予定していた展示会
「drupa2021-国際印刷・メディア産業展」(メッセ・デュッセルドルフ主催)は、
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、中止を発表した。
 

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105