日本国内唯一のラベル関連専門紙

マイクロ・テクニカ、ラベル全面検査システム 医薬品メーカーからも反響

株式会社マイクロ・テクニカ(東京都豊島区東池袋、TEL03-3986-2902)は、「インターフェックス Week 2019」で、ラベル全面検査システム「MT-LFC」を展示。ラベル印刷会社をはじめ、医薬品メーカーなどに向けて同社の画像処理技術に基づく検査ソリューションを展開している。

同システムは、カメラで撮影したラベルの印字欠けやカスレ、バーコードの読み取り値照合、良品との比較検査などを可能にするもの。最大で毎秒300ミリの搬送速度にも追従し、読み取り基材幅はカメラを交換することで柔軟に変更できる。
オフラインのほか、ラベルプリンタなどにインライン接続可能。オプションで、撮影した画像をすべて保存するシステム「FileMan:VTB」「同VTB-CL」も搭載でき、トレーサビリティーに効果を発揮する。
同社の全面検査システムが伸長している背景には、医薬品メーカーがラベル製造の内製化を図っていることが挙げられるという。
「これまでは印刷会社が固定情報を刷り、医薬品メーカーで有効期限などを追い刷りするといった商流だった。近年、固定情報の改訂に伴う資材ロスを削減するため、メーカーが必要な枚数だけ、ラベルプリンタで白紙の基材に一括して出力するパターンが増加。そこで、検査できる面積が広く高精度な当社のシステムが求められている」(担当者)としている。
同社はラベルの製造工場、エンドユーザーの内製化現場などに向けて、同システムを訴求していく。
 
2019年7月15日号掲載)

団体

全日本シール印刷協同組合連合会(JFLP・田中祐会長)はこのほど、「第30回シールラベルコンテスト」の審査結果を発表。最高位となる経済産業大臣賞に、東北協組の精英堂印刷㈱(山形県米沢市八幡原、井上吉昭社長)が輝いた。なお同社は、次点の経済産業省商務情報政策局局長賞に、同じく東北協組所属の進和ラベル印刷㈱(山形県上山市蔵王の森、晋道純一社長)と共に入賞を果たしている。

紙面から

リコーはこのほど、可変情報ラベルの基材にも使用されている感熱紙(サーマル紙)に関して、フェノール系化合物を含まない顕色剤を使用した製品を開発。今後、同社が製造するすべての感熱紙を順次〝フェノールフリー〟製品へ転換する。また国内市場では、2021年春からの販売開始を目指す。

展示会

2021年4月20日(火)から9日間、独・デュッセルドルフ見本市会場で開催を予定していた展示会
「drupa2021-国際印刷・メディア産業展」(メッセ・デュッセルドルフ主催)は、
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、中止を発表した。
 

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105