日本国内唯一のラベル関連専門紙

コニカミノルタ、紙器・ラベル関連セミナーを開催 8月8日・9日に八王子で

コニカミノルタは8月8日(木)から2日間、同社東京サイト八王子内Customer Engagement Centerで「デジタル紙器・ラベル印刷ソリューションセミナー〜デジタルが広げる紙器・ラベル印刷の可能性〜」を行う。

同セミナーは、ブランドオーナーで「令和ハイチュウ」が話題を呼んだ森永製菓㈱と市場調査を行う㈱キーポイントインテリジェンスが講演。
森永製菓は新領域創造事業部の渡辺啓太マネージャーが「お菓子メーカーが取り組む新領域事業創造とは〜新領域事業創造に伴うパッケージの価値〜」をテーマに、キーポイントインテリジェンスは、後田雅人アジア・パシフィックリサーチアソシエイト・ディレクターが「ワールドワイド デジタル紙器・ラベル市場トレンド」を解説する。
また、コニカミノルタのデジタルラベル印刷機「AccurioLabel230」やソフトウェア、後加工機「GM DC330mini」で、デザインから印刷、加工まで実機で紹介。
参加料は無料で、両日とも定員は50人。セミナーの詳細や申込みは(https://www.konicaminolta.jp/business/information/2019/20190808_214.html)まで。
 
(2019年7月15日号掲載)

ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105