日本国内唯一のラベル関連専門紙

リコー、合成紙粘着シート対応 プロダクションプリンタで最適な印刷設定

リコーはこのほど、同社製プロダクションプリンタで合成紙の粘着シートへの印刷に対応したと発表。対象となる機種は「RICOH Pro C5200S」「同C7200S」「同C9200」の3機種となっている。

同社は昨年5月、プロダクションプリンタ「RICOH Pro C9110/C9100」などで合成紙への印刷に対応したことを発表し、オンデマンド印刷の活用シーンを拡大した。今回の粘着シートへの対応によって、耐候性・耐水性が求められる選挙ポスターや酒類ラベルといった用途でさらなる需要を見込む。
従来、粘着シートは「粘着剤の溶け出し」「表面基材と剥離紙が異素材であることから生じる搬送不良」などの要因でプロダクションプリンタには不向きとされていた。そこで、同社は熱や静電気などの影響、搬送速度といった諸条件を検証し、合成紙の粘着シートへの印刷に最適なパラメーターを検出。基材ごとに適したマシンの設定を記録する「統合用紙設定システム(IMSS)」によってデータを共有し、常に一定の品質で出力することに成功した。
リコージャパンの新規事業本部クリエイティブグループ、早川真一郎リーダーは「合成紙対応の発表後間もなく『粘着シートへの印刷は可能か』といったお声を多くいただき、検証を進めた。実際の印刷に際しては、IMSSによってマシンのパラメーターを設定する必要がある。対応する合成紙のシリーズについてなど、お問い合わせいただければ」と話す。
リコーのプロダクションプリンタは印刷会社をはじめ、極小ロットからのラベル製造を求めるブランドオーナーにも多数導入されており「今後もお客さまのニーズに応える提案を行っていく」(早川リーダー)としている。
問い合わせは、リコーお客さま相談室(TEL0120-001-331)まで。
 
 
(2019年3月15日号掲載)

市場

CCLジャパン(株)はこのほど、2020年1月1日からチェックポイントシステムジャパン(株)と組織および社名変更すると発表した。
 
これまでCCLグループ(本社・カナダ)のチェックポイント事業は、チェックポイントジャパン(株)が日本法人として展開してきた。

紙面から

サトーホールディングスはこのほど、100%子会社の①(株)サトー②デザインプロモーション(株)③サトーインターナショナル(株)④サトープライマリーラベルインターナショナル(株)、以上4社に関する合併を発表した。承認株主総会を経て4月1日(水)、①を存続会社とし、3社は解散する予定。

展示会

 東京都ラベル印刷協同組合(北島憲高理事長)は19日、台東区柳橋の東商センターで今月29日(土)に実施予定だった「第21回ラベル関連ミニ機材展」の開催中止を決定したと発表した。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105