日本国内唯一のラベル関連専門紙

ラベル新聞社視察企画 「ラベルエキスポヨーロッパ2019視察ツアー」参加者募集中 企業視察はフレキソユーザーへ

ラベル新聞社は、9月21日(土)〜28日(土)(6泊8日)の日程で、「ラベルエキスポヨーロッパ2019視察ツアー」を実施する。
このほど、ツアー3日目の企業視察先に、BARAKAT etiquetageが決定。同社は、1981年創業のフランス北部に拠点を置くラベル印刷会社で、オメット製フレキソ機4台を導入している。そのうち1台は8色機で、医薬品向けシュリンクラベルなどを製造。特許取得済みの特殊ダイカット装置3ユニットを搭載するなど、ユニークなコンバーティングマシンとなっている。
同社は、従業員15人と小規模でありながら、欧州市場に向けて、他社にはない多彩な加工技術力で存在感を発揮。POP、ブックレット、点字など複雑な加工が必要となる各種ラベルのほか、ラップラウンドや環境対応型ラベルなど、幅広い分野に向けた独自開発品の展開が多い。
今回は、営業エリア外の日本からの訪問ということもあり、通常は同業他社に非公開としている製造設備について、特別に視察が可能となった。
なお、当ツアーの旅行代金は45万2000円(エコノミークラス利用。ツイン2人利用時・諸税含まず)で、募集締め切りは7月26日(金)。募集人員は50人で、定員に達し次第締め切る。世界最大のラベル資機材展を視察する欧州ツアーは毎回好評のため、早めの申し込みを。詳細に関する問い合わせは、ラベル新聞社(TEL03-3866-6577)まで。
 
(2019年3月1日号掲載)

市場

CCLジャパン(株)はこのほど、2020年1月1日からチェックポイントシステムジャパン(株)と組織および社名変更すると発表した。
 
これまでCCLグループ(本社・カナダ)のチェックポイント事業は、チェックポイントジャパン(株)が日本法人として展開してきた。

紙面から

サトーホールディングスはこのほど、100%子会社の①(株)サトー②デザインプロモーション(株)③サトーインターナショナル(株)④サトープライマリーラベルインターナショナル(株)、以上4社に関する合併を発表した。承認株主総会を経て4月1日(水)、①を存続会社とし、3社は解散する予定。

展示会

 東京都ラベル印刷協同組合(北島憲高理事長)は19日、台東区柳橋の東商センターで今月29日(土)に実施予定だった「第21回ラベル関連ミニ機材展」の開催中止を決定したと発表した。


ラベル新聞
住所:〒101-0031 
東京都千代田区東神田3-1-13 神田浅草橋ビル4F MAP
TEL:03-3866-6577  
FAX:03-3866-0105